NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

顧客価値を最大化する、次世代のID認証基盤「GIGYA」とは
2019.04.12

CIMで顧客価値を高める

顧客価値を最大化する、次世代のID認証基盤「GIGYA」とは

著者 Bizコンパス編集部

顧客ID統合基盤の構築は、意外と難しい?

 企業がCIMを検討するきっかけは、現行のID基盤がEOL(生産終了)を迎える、複数サイトの認証やセキュリティポリシーのしくみを統一したい、ワン・ツー・ワン・コミュニケーションのためにIDを統合したい、GDPRなど顧客情報取り扱いについての法規制対応など様々です。

 しかし、社内でプロジェクトの検討を進めるうちに、スコープや要件が想定よりも大きくなるケースがよくあります。経営層は「顧客視点でのビジネス貢献」、各事業担当は「顧客データ活用したLTV(ライフ タイム バリュー)改善」、セキュリティ法務担当は「顧客情報取り扱いでのセキュリティとコンプライアンスへの配慮」、サービスシステム担当は「Webサイトへの影響は最小限に」など、立場ごとに要望が異なるためです。

 結果としてIT部門では、それらをどこまでくみ取っていくのかの社内調整に奔走することになります。GIGYAのようなソリューションの機能を最大限に活用するためには、顧客IDやデータをどのように統合・活用していくのかという要件定義が重要であり、また実装後の運用に対するサポートも欠かせません。国内において導入事例を持つパートナー企業を選べば、社内の要望や国内のマーケットにそったID統合や基盤の更改が可能となります。

顧客ID統合の目的は、「顧客の今」に触れること

 顧客ID統合基盤を構築する目的は、会員登録などで獲得した顧客情報や行動履歴を生かし、「顧客の今(リアルタイムのニーズ)」にマッチしたメッセージや広告を発信していく「ワン・ツー・ワン・コミュニケーション」を実現することにあります。

 そのためには、今回ご紹介したGIGYAによる顧客IDの統合に加え、購買履歴等のログ分析、それを踏まえより最適なチャネル選定ができるといった「ワン・ツー・ワン・コミュニケーションのトータルソリューション」導入を検討することも有効です。例えば、NTTコミュニケーションズでは、顧客デジタル体験基盤「Aquia」や「SalesForce MarketingCloud」の導入コンサルティングやプラットフォーム構築運用を含めたトータルコンサルティングを行っています。

ワン・ツー・ワン・コミュニケーションを実現するソリューション導入イメージ

 今後のオンラインビジネスでは、会員登録を通じた顧客とのやり取りで信頼関係を構築し、ワン・ツー・ワン・コミュニケーションを実現していく動きがいっそう活発化していくことでしょう。GIGYAに代表される顧客ID統合基盤は、そうしたニーズに対応するための出発点となるソリューションといえるのではないでしょうか。

※掲載されている内容は公開日時点のものです。
※掲載されているサービスの名称、内容及び条件は、改善などのために予告なく変更することがあります。

SHARE

関連記事

最高の顧客デジタル体験を提供する「Acquia」とは

2019.01.23

戦略的Webサイトを目指す企業が知っておくべきこと第4回

最高の顧客デジタル体験を提供する「Acquia」とは

セールスフォースが提示する次世代の顧客マネジメントとは

2019.01.18

「Salesforce World Tour Tokyo 2018」レポート

セールスフォースが提示する次世代の顧客マネジメントとは

AI・IoT・CRMシステム連携で変わる顧客体験の最前線

2018.10.26

いま求められる“顧客接点の強化”第8回

AI・IoT・CRMシステム連携で変わる顧客体験の最前線

マーケティングは「ファネル」から「ジャーニー」へ

2018.07.18

いま求められる“顧客接点の強化”第6回

マーケティングは「ファネル」から「ジャーニー」へ

「モバイルPASMO」の実現までに13年もの歳月がかかった裏事情

2020.10.27

IT&ビジネス最新ニュース第71回

「モバイルPASMO」の実現までに13年もの歳月がかかった裏事情

ニューノーマル時代に欠かせない“デジマのルール”とは

2020.09.25

これからの時代に求められるデータ利活用第5回

ニューノーマル時代に欠かせない“デジマのルール”とは

昭和・平成の働き方はアンインストールしよう!「働き方改革2.0」のススメ

2020.04.08

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第26回

昭和・平成の働き方はアンインストールしよう!「働き方改革2.0」のススメ

飲食店が悲鳴をあげる「No Show(無断キャンセル)」の防ぎ方

2020.01.30

アナログなビジネスをデジタルに変える第1回

飲食店が悲鳴をあげる「No Show(無断キャンセル)」の防ぎ方