Bizコンパス

顧客価値を最大化する、次世代のID認証基盤「GIGYA」とは
2019.04.12

CIMで顧客価値を高める

顧客価値を最大化する、次世代のID認証基盤「GIGYA」とは

著者 Bizコンパス編集部

 今、デジタルマーケティングの世界では、顧客IDの持つ価値があらためて注目されています。

 従来のデジタルマーケティングでは、自社のWebサイトへの訪問者を特定し、より効果的なレコメンドを行う手段としてクッキーが利用されてきました。しかし、クッキーによるトラッキングには限界があり、消費者一人ひとりのニーズを詳細に把握することはできません。スマートフォンなどモバイル端末の利用が主流となり、SNSが情報収集の主な手段となりつつある中、クッキーをベースとしたターゲティングは時代遅れになりつつあります。

 そんな中、オンラインビジネスの世界では、顧客がサービス・商品の利用期間に応じて料金を支払う「サブスクリプション方式」がトレンドになりつつあります。サブスクリプションビジネスの多くは会員登録が必須となりますが、登録を行う消費者は、商品・サービスに加えて、提供する企業を信頼し、対価を払ってもいいと考えている良質な顧客です。いかに多くの消費者に会員登録をしてもらい、継続的に商品・サービスを利用してもらうかが、ビジネスの成功を左右する状況が生まれています。

 こうした状況もあり、欧米の企業を中心に、顧客IDを統合することでサイト利用者の利便性を高めたり、顧客データを充実させてマーケティング精度を向上させる、CIM(カスタマー・アイデンティティ・マネジメント)に取り組む企業が増えています。今回は、グローバルNo.1のCIMソリューションである「SAP Customer Data Cloud from GIGYA(以下GIGYA)」を例に、CIMの活用法について紹介します。

気になる見出しをクリック

CIMで、顧客情報を常に最適かつ最新の状態に

広告収入25%増、会員登録48%アップ、企業の導入事例

顧客ID統合基盤の構築は、意外と難しい?

顧客ID統合の目的は、「顧客の今」に触れること

関連する事例記事はこちらからご覧になれます

IT事例ライブラリー

SHARE

あなたへのおすすめ

最高の顧客デジタル体験を提供する「Acquia」とは

2019.01.23

戦略的Webサイトを目指す企業が知っておくべきこと第4回

最高の顧客デジタル体験を提供する「Acquia」とは

セールスフォースが提示する次世代の顧客マネジメントとは

2019.01.18

「Salesforce World Tour Tokyo 2018」レポート

セールスフォースが提示する次世代の顧客マネジメントとは

AI・IoT・CRMシステム連携で変わる顧客体験の最前線

2018.10.26

いま求められる“顧客接点の強化”第8回

AI・IoT・CRMシステム連携で変わる顧客体験の最前線

マーケティングは「ファネル」から「ジャーニー」へ

2018.07.18

いま求められる“顧客接点の強化”第6回

マーケティングは「ファネル」から「ジャーニー」へ

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

2019.04.26

いま求められる“顧客接点の強化”第9回

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

イノベーションは社内だけでは生まれない!「白熱塾」イベントレポート

2019.04.03

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第11回

イノベーションは社内だけでは生まれない!「白熱塾」イベントレポート

グローバル企業のWebサイト運営の課題を解決するDXP

2018.09.05

戦略的Webサイトを目指す企業が知っておくべきこと第3回

グローバル企業のWebサイト運営の課題を解決するDXP

ポストセールス強化で売上拡大!鍵は情報一元化にあり

2018.08.01

いま求められる“顧客接点の強化”第7回

ポストセールス強化で売上拡大!鍵は情報一元化にあり

広報部・宣伝部の残業を減らす「DAM」とは?

2018.07.27

アナログな“現場”をデジタルに変える

広報部・宣伝部の残業を減らす「DAM」とは?

自治体も注目!受信者の99%が読む通信手段とは

2018.02.21

いま求められる“顧客接点の強化”第4回

自治体も注目!受信者の99%が読む通信手段とは

2018年のITトレンドは?企業の動向を知るキーワード

2017.12.22

ビジネススピードを加速するIT基盤第8回

2018年のITトレンドは?企業の動向を知るキーワード

LINE公式アカウントにAIを導入したNTT Comの狙い

2017.12.20

いま求められる“顧客接点の強化”第2回

LINE公式アカウントにAIを導入したNTT Comの狙い