働き方改革を推進するために、「IT」をどのように活用すれば良いのか。前編では、「音声認識」技術を活用する方法を紹介しました。

 後編では、「RPA」を使って業務を効率化する方法を紹介します。

 RPAとは、ロボットにより業務を自動化することを指す言葉です(Robotic Process Automation)。特に定型的な業務プロセスを自動化することに向いており、業務効率化の有効な手段として注目されている新技術の1つです。

「RPA」を使って業務を効率化するためには、まず、導入基準や導入手法を標準化し、その標準化されたアプローチをベースに、導入プロセスの統制を図る必要があります 。

 しかし、本来あるべき形ではなく、誤った導入の仕方をしてしまうと、十分な成果が出なかったり、企業のガバナンスを貶めることにつながってしまう恐れがあります。

 成果が出るRPAと、成果が出ないRPAの違いはどこにあるのでしょうか? 実際のサービスを例に、“失敗しない”RPAの導入法を紹介します。

気になる見出しをクリック

「RPAを導入」イコール「業務を効率化できる」とは限らない

導入の前に、あらかじめ考慮すべき「3つの統制」とは

RPAは「AI」でよりパフォーマンスが高まる

RPA導入を円滑に進める「人材育成」とは

RPAに振り回されるか、RPAをコントロールするか

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

連載記事

関連キーワード