NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

成果が出るRPA、成果が出ないRPAの違いとは?
2018.10.24

「最先端AI」で業務効率化する方法後編

成果が出るRPA、成果が出ないRPAの違いとは?

著者 Bizコンパス編集部

RPA導入を円滑に進める「人材育成」とは

 今回取り上げたRPA×I Solution for Work Style Reformは、すでにNTTコミュニケーションズグループの実際の業務に導入されており、グループ全体で業務自動化が急速に広がりつつあるといいます。

 コムソルは、NTTコミュニケーションズグループにRPAを導入するにあたり、特に「人材育成」を重視したといいます。

「まずは導入前に研修を行って、システム部門内にRPAが操作できる人材を育成しました。その次に、育成したRPA人材による業務部門へのトレーニングを実施しました」

 つまり、プログラミングの知識が浅い事務部門の担当者が、RPAの操作をマスターすることで、現場におけるRPA導入の主導権を、システム部門ではなく、業務部門に移行したということになります。

「業務部門の担当者が、自分の業務に対して行うRPAの適合評価により、RPAツールを駆使して、自らの業務を自主的に円滑に効率化する仕組みが構築できました」

組織・人材の統制に基づいた導入プロセス

 このように、業務部門主導でRPAの導入を円滑に進めるためには、わかりやすい開発運用ルールの作成も重要になるといいます。

「ここで問題になるのが、“属ロボット化”です。属ロボット化とは、時間が経つにつれて、ロボットが自動的に行う作業を、人間が手作業で再現できないようになってしまうことです。

 “属ロボット化”を防止するために、ワークフローはシンプル化し、RPAのワークフローを記録することが重要です」(五十嵐氏)

開発運用ルールの統制に向けた取り組み

SHARE

関連記事

事例で解説!RPA、AI、チャットボット導入の勘所

2018.01.19

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第1回

事例で解説!RPA、AI、チャットボット導入の勘所

チャット&AIで実現!カスタマーサポートの新機軸

2017.10.11

いま求められる“顧客接点の強化”第1回

チャット&AIで実現!カスタマーサポートの新機軸

ビジネス向けAI翻訳サービスで“働き方改革”を実現

2018.03.16

TOEIC900点レベルの高精度でファイルをまるごと翻訳

ビジネス向けAI翻訳サービスで“働き方改革”を実現

GPUとは?AI分野での活用事例とこれからのトレンド

2018.05.25

GPUで切り拓くAI時代のビジネス最前線第1回

GPUとは?AI分野での活用事例とこれからのトレンド

ニューノーマル時代に必要なサイバーセキュリティとは?

2020.11.06

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第11回

ニューノーマル時代に必要なサイバーセキュリティとは?