NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

成果が出るRPA、成果が出ないRPAの違いとは?
2018.10.24

「最先端AI」で業務効率化する方法後編

成果が出るRPA、成果が出ないRPAの違いとは?

著者 Bizコンパス編集部

RPAは「AI」でよりパフォーマンスが高まる

 前述した「失敗しない3つのルール」に加え、RPAのパフォーマンスを高めるために、コムソルが提供するRPA×I Solution for Work Style Reformソリューションでは、高度な認識機能を持った「AI」を組み合わせています。

「RPAにおける自動化は、手作業を自動化するものです。これにさらにAIを導入することで、人間が目や耳を使って認知することを代替し、画像や動画、音声などのデータを認識することも可能になります」(宿澤氏)

 たとえば勤怠や旅費登録、日程調整といったオフィスワークに時間がかかっている場合は、RPAに、AIによって言葉の意味や意図を解釈する自然言語処理技術「チャットボット」を組み合わせることが可能です。

 このRPAでは、メールやスケジュール、勤怠システムといった複数のシステムのUIを、チャットボットに集約しています。対話型のインターフェイスを用いて、チャットボットに対して指示を出し、RPAがバックヤードで作業を行い、自動処理する仕組みになっています。

「このRPAを使うと、従来はPCの起動から13分かかっていた作業を、2分に短縮できます」(宿澤氏)

チャットボットとRPAでできること

 コンタクトセンターの応答時間の効率化では、RPAにチャットボットと音声系のAIを組み合わせます。

「このシステムでは、クラウドIVRなどで音声を拾い、AIによる音声認識技術で、その音声をテキスト化します。テキスト化したデータの意味や意図の解釈をチャットボットで行い、事前に用意したシナリオを音声合成で電話口に返答することで“会話”します。商品の受注も自動化できます」(宿澤氏)

音声認識とRPAでできること

 紙ベースでの請求書や帳票の処理時間の効率化では、RPAと「AI-OCR(画像認識)」を連携することも可能です。AI-OCRが受領した請求書の情報をテキストデータ化し、RPAがそのデータをシステムに登録する仕組みとなっています。さらに、AI-OCRをカスタマイズすることで、ハンコの文字のような特殊な文字も読み取れるといいます。

AI-OCRとRPAでできること

 RPAは、言わば定型的な業務を自動化するツールに過ぎません。高度な認識機能を持ったAIを組み合わせることで、さらに自動化の領域が拡大できます。

「RPAに新たなAIの機能を組み合わせていくことで、確実に自動化の領域は広がります。働き方改革の指標として、昨今は『EX(従業員経験価値)の向上』が急務ですが、RPAとAIを組み合わせて、業務の効率化や利便性を高めることで、EX向上につながるのではないでしょうか」(宿澤氏)

ビジネスAIによる自動化領域の拡張

SHARE

関連記事

事例で解説!RPA、AI、チャットボット導入の勘所

2018.01.19

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第1回

事例で解説!RPA、AI、チャットボット導入の勘所

チャット&AIで実現!カスタマーサポートの新機軸

2017.10.11

いま求められる“顧客接点の強化”第1回

チャット&AIで実現!カスタマーサポートの新機軸

ビジネス向けAI翻訳サービスで“働き方改革”を実現

2018.03.16

TOEIC900点レベルの高精度でファイルをまるごと翻訳

ビジネス向けAI翻訳サービスで“働き方改革”を実現

GPUとは?AI分野での活用事例とこれからのトレンド

2018.05.25

GPUで切り拓くAI時代のビジネス最前線第1回

GPUとは?AI分野での活用事例とこれからのトレンド

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

AI企業のCEOが語る「AIの精度が低くても、ビジネスシーンでは意外と使える」

2021.05.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第29回

AI企業のCEOが語る「AIの精度が低くても、ビジネスシーンでは意外と使える」

ドコモに聞く、対話AIはいまどこまで進化しているのか

2021.05.18

新しいテクノロジーの波第6回

ドコモに聞く、対話AIはいまどこまで進化しているのか

受付業務を自動でこなす、“ヒトに近い”チャットボットが登場

2021.05.07

いま求められる“顧客接点の強化”第34回

受付業務を自動でこなす、“ヒトに近い”チャットボットが登場

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線

2021.03.31

これからの時代に求められるデータ利活用第9回

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線