Bizコンパス

「あふれ呼問題」「オペレーター不足」の解決策とは
2018.09.28

“つながらない”コンタクトセンターの課題を解決

「あふれ呼問題」「オペレーター不足」の解決策とは

著者 Bizコンパス編集部

 電話での問い合わせが多く、オペレーターが対応できない「あふれ呼」が多い、あるいは人材の確保が難しくなり、十分な数のオペレーターを採用できないといった問題に悩むコンタクトセンターは多いでしょう。このような問題にどのように対処すべきでしょうか。2つのユースケースを軸に考えていきます。

難しい舵取りが迫られるコンタクトセンター運営

 現状のコンタクトセンター運営において、これまでの電話やファクス、メールに加えてチャットでの問い合わせにも対応するオムニチャネル化は避けられない流れになっています。実際、Webサイトから直接チャットで問い合わせたり、あるいはWebサイト上に気軽に質問できるチャットボットを設置したりといった取り組みがすでに多くのコンタクトセンターで進められています。

 しかし、その一方でコンタクトセンターの負担は増大し続けています。オムニチャネル化が進めば業務が煩雑となるほか、受付の長時間化、あるいは対応する製品やサービスの種類の増加が負担となっているケースも多いでしょう。これに加えて、年々オペレーター採用が難しくなっていることもコンタクトセンター運営における頭の痛い問題です。

 そのような中、業務効率の向上、そしてコスト削減への取り組みも継続的に求められています。しかしながら、それらの施策を推進するあまり、顧客満足度が低下すれば元も子もありません。このように、昨今のコンタクトセンター運営には極めて難しい舵取りが求められています。

SHARE

関連記事

コンタクトセンターのFAQを最大限活用するAIとは

2017.10.04

顧客接点を強化する注目の24時間コミュニケーション

コンタクトセンターのFAQを最大限活用するAIとは

チャット&AIで実現!カスタマーサポートの新機軸

2017.10.11

いま求められる“顧客接点の強化”第1回

チャット&AIで実現!カスタマーサポートの新機軸

自動回答するAIでCS向上を図るSMBC日興証券

2017.09.27

人工知能(AI)はビジネスにどう活用されるのか第10回

自動回答するAIでCS向上を図るSMBC日興証券

自治体も注目!受信者の99%が読む通信手段とは

2018.02.21

いま求められる“顧客接点の強化”第4回

自治体も注目!受信者の99%が読む通信手段とは

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

2020.04.16

いま求められる“顧客接点の強化”第25回

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

2020.03.27

いま求められる“顧客接点の強化”第24回

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

2020.03.26

アナログなビジネスをデジタルに変える第2回

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

コールセンターの業務量予測をより正確にする4つの評価手法

2020.03.13

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第14回

コールセンターの業務量予測をより正確にする4つの評価手法

コールセンターのサービスレベル達成には「スケジュール遵守率」が鍵

2020.01.28

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第13回

コールセンターのサービスレベル達成には「スケジュール遵守率」が鍵

中の人が語る、コールセンターがいつも「つながらない」理由

2020.01.09

コールセンターの現場から第3回

中の人が語る、コールセンターがいつも「つながらない」理由