“爆買い”ブームから数年が経過しますが、いまだ中国からの訪日人数、買物消費額は他国を抑えてダントツのNo.1です。その中国ではキャッシュレス化が進んでおり、現在はスマートフォンを使ったQRコード決済が主流になっています。

 目端の利く国内の百貨店、家電量販店、ドラッグストアなどでは、いち早くQRコード決済に対応することで訪日中国人を店舗に呼び込むことに成功しています。まだまだ現金払いが主流の日本においても、ここにきて大手百貨店のような流通大手だけでなく、上野アメ横商店街の個人商店においても、続々とQRコード決済サービスへの参入を表明。今年が「キャッシュレス元年」となりそうな勢いです。中国人旅行者を呼び込むQRコード決済サービスを導入する上でのポイントを解説します。

気になる見出しをクリック

訪日外国人の1/4を占める中国人旅行者を狙え!

「WeChat Pay」と「Alipay」中国2大サービスの違い

決済の効率化&集客ができる「WeChat Pay」

WeChat Pay成功のカギはパートナー選び

WeChat Pay導入までのステップ

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

連載記事

関連キーワード