Bizコンパス

顧客接点刷新で現場の課題を可視化したローソン
2018.01.26

いま求められる“顧客接点の強化”第3回

顧客接点刷新で現場の課題を可視化したローソン

著者 Bizコンパス編集部

 企業が顧客接点のチャネルとして、電話やWeb、メールなどの窓口を設け、窓口ごとにコンタクトを運営するケースは少なくありません。しかし、このような縦割りの運営では各センターが持つデータの集約・分析が困難なため、経営判断の指針となる「率先して取り組むべき、優先度の高い課題」が見えにくいという問題が出てきます。複数のコンタクトセンターをクラウド基盤に全面的に集約したローソンの狙いは、接客品質を高めるための課題の可視化でした。

「いま店舗で何が起きているか」を把握したい

 全国に約14,000店舗のコンビニエンスストアフランチャイズチェーン展開を手がける株式会社ローソン。同社が2016年より3カ年計画で取り組んでいるのが、顧客の生活全般のニーズを満たす商品力、売場力、接客力などの強化に向けた「1000日全員実行プロジェクト」です。その一環として、取り組みの輪を広げていった施策の1つがコンタクトセンター統合プロジェクトでした。

 同センターの窓口は大きく顧客向けと加盟店向けがあり、年間約160万件の問い合わせがあります。顧客向けには電話やメール、Webフォームの窓口を開設し、商品やサービス、接客などに関する問い合わせを受け付けています。一方、加盟店向けの窓口は電話のみとなっています。理由は「システム系」「什器等の修繕系」「什器系」「オペレーション系」など、項目が多岐にわたり、急ぎの応対が求められるケースが多いためです。

 同社では従来のセンターの各対応窓口間で発生していた「たらい回し」を解消した業務効率化、複数拠点にまたがるシステムの運用コスト削減、故障復旧時間の短縮、セキュリティ対策の強化などをセンター統合で解決したいと考えていました。加えて、センターに寄せられる声を集約、分析し、組織の迅速な経営判断に活用することも大きな狙いでした。

 経営戦略本部の関沙織氏は「もちろん、業務効率化、コスト削減、セキュリティ強化は重要です。しかし、それにもまして、弊社のビジネスにおいて、今何が起こっていて、ステークホルダーからどういう声が集まっているのか、スピーディーに経営に垂直報告する仕組みを作ることが狙いでした」と真の目的を明かします。

 複数の担当部署がそれぞれ委託先のセンターにデータを預けている状態では、要望やクレームなどの情報の集約・分析ができず、迅速な経営判断ができません。複数のセンターを統合し、すべてのデータに経営陣がいつでもリーチできる環境づくりが急務でした。

SHARE

関連記事

コンタクトセンターのFAQを最大限活用するAIとは

2017.10.04

顧客接点を強化する注目の24時間コミュニケーション

コンタクトセンターのFAQを最大限活用するAIとは

戦略的ビジネス展開を加速するクラウドのパワー

2016.03.04

成功するコンタクトセンタービジネス

戦略的ビジネス展開を加速するクラウドのパワー

クラウド化が最適解!りらいあコミュニケーションズ

2015.11.06

クラウドを活用しコンタクトセンター基盤を刷新

クラウド化が最適解!りらいあコミュニケーションズ

運営者は悩んでいる!?コンタクトセンターの現場

2017.05.17

担当者が語る◯◯の現場第2回

運営者は悩んでいる!?コンタクトセンターの現場

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

2020.03.27

いま求められる“顧客接点の強化”第24回

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

2020.03.26

アナログなビジネスをデジタルに変える第2回

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

コールセンターの業務量予測をより正確にする4つの評価手法

2020.03.13

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第14回

コールセンターの業務量予測をより正確にする4つの評価手法

コールセンターのサービスレベル達成には「スケジュール遵守率」が鍵

2020.01.28

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第13回

コールセンターのサービスレベル達成には「スケジュール遵守率」が鍵

中の人が語る、コールセンターがいつも「つながらない」理由

2020.01.09

コールセンターの現場から第3回

中の人が語る、コールセンターがいつも「つながらない」理由

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる

2019.12.20

コールセンターの現場から第2回

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる