NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

セキュリティと利便性を両立するゼロトラスト型の「在宅コンタクトセンター」とは
2020.12.16

いま求められる“顧客接点の強化第33回

セキュリティと利便性を両立するゼロトラスト型の「在宅コンタクトセンター」とは

著者 Bizコンパス編集部

“セキュリティが怖いから、テレワークはできない”はもはや通用しない

 このセキュアドPCは、NTT Comが社内のクライアントPC環境を再整備した際に蓄積したノウハウを生かし、ソリューションとして仕立て上げたものとなります。

 大垣氏によると、NTT Comでは、セキュアドPCを使用する前まで、従業員用の端末にシンクライアント(VDI)を使用していたといいます。

 「端末にデータを残さないシンクライアントは、コストが高い上、音声通話を通すことができないため、コンタクトセンターで使用する場合、別途スマートフォンや携帯電話を使って通話を行う必要があります。加えて、操作遅延も大きく、コンタクトセンター業務では効率が低下する恐れがあります」(大垣氏)

 セキュアドPCは、シンクライアントとは異なり、本体内にデータを残す“ファットクライアント”です。シンクライアントのような使用の制約はなく、通常のPCと同様に、音声通話が可能となります。

 NTT Comでは、このセキュアドPCを軸に、クラウド型コンタクトセンターである「Amazon Connect」や「Genesys Cloud」、クラウド型の顧客情報管理システムである「Salesforce Service Cloud」を組み合わせた、コンタクトセンター向けリモートワークソリューションを提供しています。SaaSだけを利用したい企業向けの「完全クラウド化」や、リモート環境から社内システムに接続できる「社内接続あり」、セキュアドPCの全機能を提供する「フル導入」など、企業の環境に合わせたメニューも用意されています。

 「NTT Comのソリューションであれば、コストの削減と、高いセキュリティの担保、利便性の向上を達成することが可能です。オペレーター視点でも、普段から使い慣れている端末で業務を行うことで、快適に仕事ができるようになると思います」(大垣氏)

 “セキュリティが怖いから、テレワークはできない”は、セキュアドPCの登場によって、もはや通用しなくなったといえるかもしれません。オペレーターが働きやすく、管理者にも安全な “在宅コンタクトセンター”を構築してみてはいかがでしょうか。

SHARE

関連記事

オンライン研修でも新卒社員は育つ!アイレップが導入したツールとは

2021.07.09

ニューノーマル時代のコミュニケーション変革第4回

オンライン研修でも新卒社員は育つ!アイレップが導入したツールとは

読者アンケートからわかった企業のセキュリティの課題とその対策とは

2021.06.30

セキュリティ対策に求められる新たな視点第25回

読者アンケートからわかった企業のセキュリティの課題とその対策とは

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

在宅勤務を加速するカギはどこにある?読者アンケートまとめ

2021.06.09

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第38回

在宅勤務を加速するカギはどこにある?読者アンケートまとめ

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

2021.06.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第66回

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

日鉄ケミカル&マテリアルは「テレビ会議クラウド化」で場所にとらわれない働き方を推進

2021.05.26

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第37回

日鉄ケミカル&マテリアルは「テレビ会議クラウド化」で場所にとらわれない働き方を推進

チームは雑談を「聞く」ことで強くなる

2021.05.20

IT&ビジネスコラム第6回

チームは雑談を「聞く」ことで強くなる

人手不足で負担増…コンタクトセンターの問題は「音声認識」で解決する

2021.05.14

いま求められる“顧客接点の強化”第35回

人手不足で負担増…コンタクトセンターの問題は「音声認識」で解決する