NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

ニューノーマル時代の顧客接点、減らない「電話」チャネルのデジタル化が成功の鍵!
2020.11.20

いま求められる“顧客接点の強化”第31回

ニューノーマル時代の顧客接点、減らない「電話」チャネルのデジタル化が成功の鍵!

著者 Bizコンパス編集部

【解決策その2】AIで電話応対を“完全自動化”

 2つ目の解決策は、AIによる電話応対そのものの自動化です。

 具体的には、Amazon Connectの音声合成機能で顧客に自動で応答し、顧客の発話内容をCOTOHAで音声認識します。その内容に基づいて、ServiceNow経由で各種システム連携を行うことで、人を介さない、電話応対の“完全自動化”を可能にするというものです。

 楠木氏はユースケースとして、商品注文センターにおける問い合わせ窓口での活用を挙げました。

 「はじめに顧客が電話をかけてくると、Amazon Connectの音声合成が最初に『注文センターへお問い合わせありがとうございます』とアナウンスし、顧客の電話番号と名前を確認します。次に、発話内容からCOTOHAが音声認識をかけ、ServiceNowを介して顧客情報を参照することで本人確認を行います。

 続けて、希望商品と個数の確認を行います。注文内容が『PCを1台』だった場合、ServiceNowを介して在庫管理システムなどから在庫状況や発送日を自動で確認。その結果を受けて、Amazon Connectが『PCを1台ですね。お届け日は○月○日になります』と答え、顧客からの最終確認を経て、ServiceNowで発注処理を実行します。お問い合わせから発注までの一連のプロセスが、人を介さずに、完全に自動化できるようになっています」

 このAIによる電話応対は、注文内容の変更・交換・返品などにも応用できます。さらに現地へのフィールドサポートの手配など、業種や業態を問わず幅広い電話応対での活用が可能といいます。

 「電話の分断されたプロセスを解決するポイントは、AIを“ハブ”として活用し、バックエンドプロセスとの連携を図ることです。これによりデジタルチャネルだけではなく、電話チャネルを含む、すべての顧客接点チャネルをシームレスにつなぎ、業務全体のデジタル化が実現できます」(楠木氏)

SHARE

関連記事

受付業務を自動でこなす、“ヒトに近い”チャットボットが登場

2021.05.07

いま求められる“顧客接点の強化”第34回

受付業務を自動でこなす、“ヒトに近い”チャットボットが登場

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

2021.04.28

いま求められる“顧客接点の強化”第33回

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」

2021.04.23

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第10回

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」

コロナ禍の「会えない」はセールス・マーケティングの変化をどう加速させたか

2021.04.19

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第27回

コロナ禍の「会えない」はセールス・マーケティングの変化をどう加速させたか

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

2021.04.15

IT&ビジネスコラム第1回

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

2021.04.14

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第64回

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

岸博幸氏が語る「スマートシティは“課題先進国”日本を変革する処方箋になる」

2021.04.07

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第25回

岸博幸氏が語る「スマートシティは“課題先進国”日本を変革する処方箋になる」

味の素社のDX戦略「規模を追う経営から、DXで社会を変革するパーパス経営へ」

2021.04.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第63回

味の素社のDX戦略「規模を追う経営から、DXで社会を変革するパーパス経営へ」