Bizコンパス

東京無線は「電話がつながらない」機会損失をどう解決したのか?
2020.05.22

いま求められる“顧客接点の強化”第27回

東京無線は「電話がつながらない」機会損失をどう解決したのか?

著者 Bizコンパス編集部

受けきれなかった顧客を繋ぎとめるために、ナビダイヤルを導入

 この「つながりにくい」事態を回避するために、東京無線ではNTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)の「ナビダイヤル」を導入することに決めました。

 ナビダイヤルは、「0570」に続く6桁の専用番号にコールすることで、あらかじめ指定した電話番号につなぐサービスです。また、どのくらい電話が掛かっているのか、電話が切られてしまうのはどのタイミングなのか、といった情報をまとめて分析する「トラフィックレポート作成ツール」も、オプションで利用できます。

 東京無線は、ナビダイヤルにすることで、通話がつながるまで“待ち合わせ”の音声ガイダンスを流す仕組みを導入しました。

 具体的には、顧客がナビダイヤルに連絡した後、空き回線がある場合はそのままオペレーターに接続しますが、ない場合は「ただいま電話が混み合っております。このまましばらくお待ちください」といったような音声ガイダンスを流す、というものです。つまり、従来は話し中として処理していたコールを一旦「保留」とし、音声ガイダンスによるメッセージを流すことでつなぎ止め、電話が切られてしまうのを防ぐ狙いがあります。

 「ナビダイヤルを導入し、お客さまに通話がつながるまで待っていただく仕組みとすることで、今まで対応できなかった方にも配車できるのでは、と考えました。加えて、詳細な通話状況が分かるレポートを作成してくれるというのも、導入のポイントとなりました。

 音声ガイダンス中には、配車アプリ『タクシー東京無線』の案内を流すことで、配車注文の“入口”を分散化する狙いもあります。加えて、音声ガイダンス中の通話料金が発生しないことや、音声ガイダンスのメッセージを自由に変えられることに、魅力を感じました」(山本氏)

 東京無線がナビダイヤル導入で心配していたのが、配車センターの電話番号が、「0570」から始まる番号に変わる点です。従来は末尾4ケタが「2111」という分かりやすい番号を採用していたこともあり、NTT Comには「覚えやすい番号をお願いします」(山本氏)とリクエストを出していたといいます。結果、ナビダイヤルの番号は「0570-550555」という特徴的なものに決定しました。

SHARE

関連記事

中の人が語る、コールセンターがいつも「つながらない」理由

2020.01.09

コールセンターの現場から第3回

中の人が語る、コールセンターがいつも「つながらない」理由

なぜアパホテルはより良い接客のためにナビダイヤルを採用したのか

2020.04.17

いま求められる“顧客接点の強化”第26回

なぜアパホテルはより良い接客のためにナビダイヤルを採用したのか

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

2020.04.16

いま求められる“顧客接点の強化”第25回

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

2020.03.27

いま求められる“顧客接点の強化”第24回

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

2020.03.26

アナログなビジネスをデジタルに変える第2回

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

2020.02.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第30回

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる

2019.12.20

コールセンターの現場から第2回

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる

26万人足りない! 外食業界の深刻な人手不足を「フードテック」で解決する

2019.12.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第24回

26万人足りない! 外食業界の深刻な人手不足を「フードテック」で解決する

顧客が自分自身で問題を解決できてしまう「CSM」とは?

2019.11.19

DXを加速させるITシステムの運用改革第15回

顧客が自分自身で問題を解決できてしまう「CSM」とは?