NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは
2020.03.27

いま求められる“顧客接点の強化”第24回

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

著者 Bizコンパス編集部

26ヶ月の効果検証から生まれた「アドバイザー自動知識支援システム」

 オペレーターの知識やスキルに依存しない体制構築のため、馬場氏がA社に提案したのは、音声認識とAIを組み合わせた知識支援システムの効果検証(PoC)からのスタートでした。

「A社さまへのヒアリングの結果、オペレーターごとの知識やスキルのばらつきを解消することで、応対時間の短縮、応対品質の平準化、回答率を向上させたいというご要望を伺いました。そこで、「オペレーターとエンドユーザーの通話音声を分析する」「マニュアルやホームページ上から検索している各種情報を応対中のオペレーターの画面上にFAQ形式で表示する」というシステムを提案。ただシステム提案をするだけでは、A社さまの課題が解決しないのではないかと考え、効果検証(PoC)から始めることにしました。

 PoCでは、音声認識の精度や回答の正答率、UIなどの観点から、システムの有効性を26ケ月にわたって検証。特に金融業界ならではの専門用語の認識精度を上げるために、登録辞書のチューニングには時間をかけ、一定の成果が出たことで本格実装が決まりました」(馬場氏)

 これによって生まれたのが、音声認識による通話のテキスト化とAIによる通話の解析で、通話内容に合った回答をオペレーターに表示する「アドバイザー(オペレーター)自動知識支援システム」です。

SHARE

関連記事

雑談が一番難しい会話型AIの今後とは?

2021.01.21

IT&ビジネス最新ニュース第100回

雑談が一番難しい会話型AIの今後とは?

中村 伊知哉氏が語る 「デジタル化がもたらす“仕事”と“働き方”の変化」

2021.01.20

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第15回

中村 伊知哉氏が語る 「デジタル化がもたらす“仕事”と“働き方”の変化」

データ分析の膨大な手間を“1クリック”で解決する方法がある

2021.01.15

これからの時代に求められるデータ利活用第8回

データ分析の膨大な手間を“1クリック”で解決する方法がある

経済産業省が「GビズID」で目指す“行政サービスの100%デジタル化”

2021.01.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第57回

経済産業省が「GビズID」で目指す“行政サービスの100%デジタル化”

トランスコスモスが導入した“リモートワーク用の雑談ツール”とは?

2021.01.08

ニューノーマル時代のコミュニケーション変革第2回

トランスコスモスが導入した“リモートワーク用の雑談ツール”とは?

デジタル庁で日本のDXは変わるのか!?東大は「DX人材の育成事業」に乗りだす

2021.01.06

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第56回

デジタル庁で日本のDXは変わるのか!?東大は「DX人材の育成事業」に乗りだす

AIをどう使えば「利益」「成果」につながるのか?エバンジェリストが解説

2020.12.18

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第5回

AIをどう使えば「利益」「成果」につながるのか?エバンジェリストが解説

交通費の精算業務が70%削減可能!大手映像制作会社の取り組みとは

2020.12.18

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第32回

交通費の精算業務が70%削減可能!大手映像制作会社の取り組みとは