Bizコンパス

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは
2019.10.23

いま求められる“顧客接点の強化”第23回

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは

著者 Bizコンパス編集部

 2019年9月10日、東京・目黒にて、「コンタクトセンター最新動向セミナー ~Amazon Connectを活用した次世代AIコンタクトセンター~」という講演が開催されました。

 講演では「人手不足」「高い離職率」など、コンタクトセンター業界がいま直面している現実が指摘されましたが、解決するための“切り札”はあるといいます。それが、「次世代AIコンタクトセンター」です。

 なぜ次世代AIコンタクトセンターは、コンタクトセンター業界の数々の問題を解決できるのでしょうか? そもそも、次世代AIコンタクトセンターとは、どのようなものなのでしょうか? 同講演をレポートします。

人材は集まらず、離職率も高い。コンタクトセンターの現実

 現在、多くのコンタクトセンターに共通する課題となっているのが、オペレーターの「採用難」です。少子高齢化が進み、労働人口が減少している日本では、オペレーターの新規採用がしづらくなってきているといいます。

 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)の南郷史朗氏は、業界では採用難どころか、離職率が上昇しているという、危機的な現状を指摘しました。

「あるコンタクトセンターに関する調査結果によると、『オペレーター全体の離職率が30%以上』と回答した企業は、2015年は9.8%だったのに比べて、2018年になると37.9%と大幅に上昇しています。さらに、『採用から1年以内の離職率が30%以上』と回答した企業は、2015年時点ですでに27.1%と高いレベルでしたが、2018年はなんと55.6%にまで上昇しています。

 これまでと同じ運営方法では、コンタクトセンターは成り立たなくなるといえるかもしれません」

「なぜ顧客がコールセンターに電話を掛けるのか?」は予測できる

 こうした危機的な状況を改善し、さらにはカスタマーエクスペリエンス(顧客体験、CX)を高められるコンタクトセンターの在り方として、南郷氏は2つのセンターモデルを紹介しました。それが、「AIコンタクトセンター」と「コンサルティングセンター」です。

 AIコンタクトセンターは、「AIを積極的に活用することで、高度に業務を効率化する」モデルです。たとえば顧客からのチャットでの問い合わせに対し、AIチャットボットが応答する、といったケースが含まれます。

 もう一つのコンサルティングセンターとは、「顧客のロイヤル化”(優良顧客化)を目指す」モデルです。

「現状のコンタクトセンターでは、非常に限られた情報の中でオペレーターが業務を行っているために、的確な対応や自動化が進み切っていません。そのため、オペレーター、管理者の負担も減りません。今後は、顧客情報はもちろん、予約情報、IoTなど、様々なデータと連携されたコンタクトセンターシステムを作っていく必要があります。

 そのシステムで得られたビッグデータをもとに、予測モデルを作っていくことで、顧客にとっても心地よい自動化のサービスが作られます。オペレーターも豊富な情報をもとに、AIからリコメンドを受けながら業務を行うことが可能になります。

 そのためには、現状のコンタクトセンターに多く見られる閉じた基盤ではなく、様々な情報とエコシステムが形成できる“オープン化”されたクラウドコンタクトセンターに移行していく必要があると思います」

 この2つのモデルを組み合わせた「次世代AIコンタクトセンター」では、AIや外部データを積極的に活用することで、顧客が何を求めて電話をかけてきたのか予測が可能といいます。

「顧客が電話をかけてきたタイミングが、旅行出発の1時間前で、かつ天候が不良だったとき、ガイダンスをプロアクティブ(先験的)に通知することも可能です。

 たとえば“ただいま台風の影響で、お客さまがいる目黒駅付近からの空港行きバスは遅延しています。少し集合時間に遅れますが、品川駅経由で急行列車をご利用ください。ツアー担当者にはこちらから状況を連絡します。16時27分の急行列車に乗車すればツアーには十分に間に合いますのでご安心ください”と伝えることも可能です。これをバーチャルなオペレーターで実現すれば、人を介さなくてもこのサービスを提供できます」

 予測モデルができあがることで、顧客が何を求めているのか理解できるようになり、顧客にとって的確な情報をアナウンスできます。

 このような次世代コンタクトセンターに移行していくためには、業務の見直しも検討していくことが重要です。たとえば問い合わせ窓口を0ABJ番号からフリーダイヤル、ナビダイヤルに移行し、クラウド化しやすくするなど、業務整理の準備をあらかじめしておく必要があります。

SHARE

関連記事

AI法律相談窓口をオンラインで開設、アガルートのリーガルテック戦略とは

2019.09.17

いま求められる“顧客接点の強化”第19回

AI法律相談窓口をオンラインで開設、アガルートのリーガルテック戦略とは

コンタクトセンターはAIで“さらに”重要な顧客接点に進化している

2019.09.18

いま求められる“顧客接点の強化”第20回

コンタクトセンターはAIで“さらに”重要な顧客接点に進化している

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?

2019.10.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第21回

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?

「2025年の崖」を克服するための支援ツールとは?

2020.03.31

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第3回

「2025年の崖」を克服するための支援ツールとは?

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

2020.03.27

いま求められる“顧客接点の強化”第24回

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

2020.03.26

アナログなビジネスをデジタルに変える第2回

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

人材業界のディスラプトをリードするパーソルのDX戦略

2020.03.25

パーソルホールディングス株式会社

人材業界のディスラプトをリードするパーソルのDX戦略

「熟練の技を学ばないと、AIはどんどん馬鹿になる」中京大・輿水名誉教授

2020.03.18

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第4回

「熟練の技を学ばないと、AIはどんどん馬鹿になる」中京大・輿水名誉教授

「なぜアマゾンやアリババはCXにこだわるのか」立教大・田中教授

2020.03.18

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第3回

「なぜアマゾンやアリババはCXにこだわるのか」立教大・田中教授

コールセンターの業務量予測をより正確にする4つの評価手法

2020.03.13

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第14回

コールセンターの業務量予測をより正確にする4つの評価手法

デロイト トーマツ グループは“AI翻訳”で業務改善を進めている

2020.03.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第35回

デロイト トーマツ グループは“AI翻訳”で業務改善を進めている