NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来
2019.09.13

いま求められる“顧客接点の強化”第18回

実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来

著者 Bizコンパス編集部

コンタクトセンターのAI活用による新たな価値の提供

 NTT Comではさらなる顧客接点のDX化として、コンタクトセンターの“完全自動化”も進めているといいます。自動化によって、業務課題の解決、得意領域の活用、データ収集、そしてエコシステムの形成を視野に入れているとのことです。

「電話だけではなく、メールやWebサイト、SNSなどといったマルチチャネルを利用しつつ、PSTNやインターネット、クローズドネットワークを介して自動応答できるよう、独自のアクセスゲートウェイコントローラを用います。さらに、他社も含めたAIエンジン群と連携することで、問い合わせに対する自動応答とデータの利活用を目指しています。

 当社は世界最高峰の音声・自然言語処理技術を保有しています。そして、コンタクトセンターのAI化に関する幅広いユースケースを持っています。これらの仕組みを用いて、企業のDX推進をサポートしていきたいと考えています」

 DXが期待されている分野は、ビジネスモデルの変革やサプライチェーンの最適化、あるいは働き方改革の実現など、いくつもあります。しかし顧客接点をDX化することは、顧客にダイレクトにアプローチできるという点で、特に重要な取り組みの1つです。

「何でも良いからAIを導入する」という企業もあるかもしれませんが、まずは自社のデジタル戦略に対するビジョンを明らかにすることからアプローチすることが、DX化に失敗しないポイントといえるでしょう。

SHARE

関連記事

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる

2019.08.23

いま求められる“顧客接点の強化”第17回

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる

電話にメールにSNS……顧客対応に困ったら「Pure Cloud」が良い

2019.07.10

いま求められる“顧客接点の強化”第14回

電話にメールにSNS……顧客対応に困ったら「Pure Cloud」が良い

東京都がAIチャットボットで実現する、24時間365日の問い合わせ対応

2019.06.07

いま求められる“顧客接点の強化”第11回

東京都がAIチャットボットで実現する、24時間365日の問い合わせ対応

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組むドコモ

2019.01.16

問い合わせ件数増加による応対コスト増の課題を解決

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組むドコモ

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020.10.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

2020.10.09

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第8回

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

2020.10.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第8回

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは