NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来
2019.09.13

いま求められる“顧客接点の強化”第18回

実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来

著者 Bizコンパス編集部

人間よりも認識能力が高いAIを使わない手はない

 企業のDX化において、取り上げられることの多いテーマの1つが「顧客接点強化」です。たとえばコンタクトセンターやチャットボットなど、顧客と会話できる場面でAIを活用することで、業務が効率化できたり、顧客満足度が向上するなどのメリットがあります。

 杉井氏は、こうしたコミュニケーション領域で使われるAIの精度について、“かなりのレベル”にまで進化していると話します。

「まず音声認識については、人間の認識率とほぼ同等です。そして画像認識は、人間の認識率が95%程度でありながら、AIは97%まで進化しており、人間を凌駕しています。言語情報についても、たとえばテキスト翻訳であればTOEICで900点レベルにまで達しています。

 つまり、AIを用いた“認識”はすでに実用レベルです。これを使わない手はありません」

 NTT Comでは現在、実用レベルに達したAIを活用して、DXの取り組みを加速させるため、「ビジネス価値の可視化に対するアプローチ」と「期待を裏切らない領域でAIを活用するためのテクニカルアプローチ」という、2つのアプローチを進めています。

 杉井氏は、NTT ComがDXの取り組みを支援している例として、ANAホールディングス株式会社の事例を取り上げました。

「ANA社のケースでは、“デジタルネイティブ”のミレニアル世代との新たなコミュニケーションスタイルの創造を目指し、DXを進めています。

 仮説定義、提供価値検証、サービス実証化のスパイラルを複数回繰り返し実施し、かつインタラクティブなプロトタイプを40以上開発しました」

 現在はコンセプトが固まり、具現化するための方法をANAと議論しているステップだといいます。

SHARE

関連記事

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる

2019.08.23

いま求められる“顧客接点の強化”第17回

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる

電話にメールにSNS……顧客対応に困ったら「Pure Cloud」が良い

2019.07.10

いま求められる“顧客接点の強化”第14回

電話にメールにSNS……顧客対応に困ったら「Pure Cloud」が良い

東京都がAIチャットボットで実現する、24時間365日の問い合わせ対応

2019.06.07

いま求められる“顧客接点の強化”第11回

東京都がAIチャットボットで実現する、24時間365日の問い合わせ対応

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組むドコモ

2019.01.16

問い合わせ件数増加による応対コスト増の課題を解決

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組むドコモ

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020.10.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

2020.10.09

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第8回

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く