NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる
2019.08.23

いま求められる“顧客接点の強化”第17回

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる

著者 Bizコンパス編集部

データをコンタクトセンターだけに留めてはいけない

 チャットボットの導入によって期待されるのは、電話による問い合わせ件数が減ることによる業務の効率化です。しかし、ただ導入するだけではチャットボットを顧客に利用してもらえず、思うようにコール数が減らない場合があります。このような悩みの解決策として田湯氏が説明したのが「空電プッシュ」です。

「空電プッシュは発信された携帯電話に対し、SMS(ショートメッセージサービス)を送信できるサービスです。コンタクトセンターに電話がかかってきた際、まずIVR(自動音声応答システム)でチャットによる問い合わせが可能であることを伝えます。そして、顧客がチャットによる応対を希望した場合に、チャットボットのURLを空電プッシュの仕組みを利用してSMSで送信します。この仕組みを使えば、顧客をスムーズにチャットボットへ誘導でき、当初の目的であったコール数の削減につながるでしょう」(田湯氏)

 田湯氏は、こうした新しいテクノロジーを、コンタクトセンターだけではなく別の部門にも活用していくべきと主張します。

「私は、COTOHAのAIを活用して取り込んだデータをコンタクトセンター内だけに閉じ込めるのではなく、マーケティング部門や営業部門にも共有するべきだと考えています。部門の垣根を越えてデータの利活用をすることがDXの推進を促し、次世代コンタクトセンターが目指すべき、業務の効率化と高い顧客満足度の両立にもつながるでしょう」(田湯氏)

 顧客との接点が多様化し、カスタマーエクスペリエンスが重視されるなか、AIの活用をはじめとした「コンタクトセンターのDX化」は大きなポイントとなります。今回田湯氏が取り上げたようなソリューションは、次世代コンタクトセンターを構築するためのヒントになるのではないでしょうか。

SHARE

関連記事

電話にメールにSNS……顧客対応に困ったら「Pure Cloud」が良い

2019.07.10

いま求められる“顧客接点の強化”第14回

電話にメールにSNS……顧客対応に困ったら「Pure Cloud」が良い

企業と消費者の間にある「大きな溝」はどうすれば埋められるか?

2019.08.09

いま求められる“顧客接点の強化”第16回

企業と消費者の間にある「大きな溝」はどうすれば埋められるか?

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

2019.04.26

いま求められる“顧客接点の強化”第9回

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

AI・IoT・CRMシステム連携で変わる顧客体験の最前線

2018.10.26

いま求められる“顧客接点の強化”第8回

AI・IoT・CRMシステム連携で変わる顧客体験の最前線

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

2021.04.28

いま求められる“顧客接点の強化”第33回

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

コロナ禍の「会えない」はセールス・マーケティングの変化をどう加速させたか

2021.04.19

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第27回

コロナ禍の「会えない」はセールス・マーケティングの変化をどう加速させたか

デジタル×リアルで新しい顧客体験を創り出すプロセスとは

2021.03.24

ニューノーマル時代に求められる顧客体験の設計第3回

デジタル×リアルで新しい顧客体験を創り出すプロセスとは

コロナ禍だからこそできる、バーチャルな体験で集客する方法

2021.03.19

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第4回

コロナ禍だからこそできる、バーチャルな体験で集客する方法

顧客に会えない時代に、どうすれば商談を作れるのか?

2021.03.19

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第3回

顧客に会えない時代に、どうすれば商談を作れるのか?

今こそ営業戦略にあったデジタルマーケティングを!NTT Comデジマ事例

2021.03.19

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第2回

今こそ営業戦略にあったデジタルマーケティングを!NTT Comデジマ事例

デジタルとリアルを掛け合わせれば、顧客体験の価値は最大化できる

2021.03.12

ニューノーマル時代に求められる顧客体験の設計第2回

デジタルとリアルを掛け合わせれば、顧客体験の価値は最大化できる