Bizコンパス

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる
2019.08.23

いま求められる“顧客接点の強化”第17回

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる

著者 Bizコンパス編集部

 AIによる自動応答や顧客の声のビッグデータ分析など、コンタクトセンターのデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む企業が増えています。このDX化によりコンタクトセンターはどのように変わっていくべきなのでしょうか。

 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)の田湯剛朗氏によれば、DX化された“次世代コンタクトセンター”に求められるのは、ビジネスの変化に迅速に対応できること。そして顧客の声をデータとして活用し、カスタマージャーニー全体に変革をもたらすことだといいます。

 今回は、この“次世代コンタクトセンター”の構築に役立つ、同社のソリューションについて紹介します。

次世代コンタクトセンターの第一歩は「音声のテキスト化」

 田湯氏は、次世代コンタクトセンターの定義について、「見える化・満足度向上を含む効率化を達成するためのAIコンタクトセンター、顧客のロイヤルカスタマー化に貢献するコンサルティングセンター」と説明します。

「次世代コンタクトセンターを構築するために重要なのは、小さく、素早く開発を行うことです。そして継続的に改善、検証していく必要があります」(田湯氏)

 それを実現するソリューションとして田湯氏が紹介したのが、「AIコンタクトセンターソリューション」です。これはコンタクトセンター機能をクラウド上で提供する「Amazon Connect」、セールスフォース・ドットコムのCRMサービスプラットフォーム「Salesforce Service Cloud」、そしてNTT Comの自然言語解析AIである「COTOHA®」を組み合わせたものです。

 田湯氏は、AIコンタクトセンターソリューションのポイントとして、顧客との通話応対を自動でテキスト化できる点を強調します。

「Amazon Connectと連携し、顧客との応対内容をCOTOHAが自動でテキスト化します。このテキスト化した応対記録を活用することで、アフターコールの作業を削減できます。さらに、この応対記録をSalesforce Service Cloudに自動で登録することも可能です。これにより、オペレーターの応対時に過去の問い合わせを読みながらスムーズに対応することが可能になり、オペレーターの負担を減らすことができます」(田湯氏)

SHARE

関連記事

電話にメールにSNS……顧客対応に困ったら「Pure Cloud」が良い

2019.07.10

いま求められる“顧客接点の強化”第14回

電話にメールにSNS……顧客対応に困ったら「Pure Cloud」が良い

企業と消費者の間にある「大きな溝」はどうすれば埋められるか?

2019.08.09

いま求められる“顧客接点の強化”第16回

企業と消費者の間にある「大きな溝」はどうすれば埋められるか?

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

2019.04.26

いま求められる“顧客接点の強化”第9回

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

AI・IoT・CRMシステム連携で変わる顧客体験の最前線

2018.10.26

いま求められる“顧客接点の強化”第8回

AI・IoT・CRMシステム連携で変わる顧客体験の最前線

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

2020.03.27

いま求められる“顧客接点の強化”第24回

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

2020.03.26

アナログなビジネスをデジタルに変える第2回

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

2020.02.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第30回

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる

2019.12.20

コールセンターの現場から第2回

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる

26万人足りない! 外食業界の深刻な人手不足を「フードテック」で解決する

2019.12.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第24回

26万人足りない! 外食業界の深刻な人手不足を「フードテック」で解決する

顧客が自分自身で問題を解決できてしまう「CSM」とは?

2019.11.19

DXを加速させるITシステムの運用改革第15回

顧客が自分自身で問題を解決できてしまう「CSM」とは?