Bizコンパス

コンタクトセンターのFAQを最大限活用するAIとは
2017.10.04

顧客接点を強化する注目の24時間コミュニケーション

コンタクトセンターのFAQを最大限活用するAIとは

著者 Bizコンパス編集部

「OCN モバイル ONE」以外のサービスにもChat & FAQを展開

 気になる顧客の反応についてですが、同社の上三垣英幸氏は「有人チャットにエスカレーションする際でも、たとえば『使いづらい』や『質問に対して適切な答えが返ってこない』など、Chat & FAQに対するクレーム的なエスカレーションは上がってきていません。そこは我々としてもホッとしているところです」と述べました。

 導入後もFAQの拡充は続けられており、その際にはCOTOHA Chat & FAQで提供されている管理・分析機能が役立てられています。

 「当初Chat & FAQ導入後の運用作業については、具体的に想定できておりませんでした。導入後に、Chat & FAQの管理・分析機能を活用し、ログを確認してユーザーが検索した内容や質問の傾向を把握し、それをベースにチューニングを行ったりFAQコンテンツを充実させたりする営みが必要だと感じ、日々そのような作業を行うようになりました。ちなみに現在のFAQコンテンツの項目数は、導入時から倍増しています。これからChat & FAQを導入するということであれば、運用フェーズではこういった取り組みが必要だということを知っておいていただきたいなと思います」(上三垣氏)

 すでにほかのサービスへの展開も始まっており、OCN モバイル ONEに加えて、IP電話サービスである「OCNでんわ」および「050 plus」といったサービスに対する質問にも対応しています。今後について、同社の野村孝信氏は「どのように展開するかは検討中ですが、有効性は非常に高いと感じています。そのため、電話や有人チャットと同様にChat & FAQもチャネルの1つとして捉え、それらを複合的に使いながら効率的にお客さまをサポートしていきたいと思います」と展望を語ります。

 もちろん、このように成果を出すためにはFAQの拡充などといった取り組みが欠かせません。とはいえNTTコミュニケーションズでの活用事例を見る限り、Chat & FAQを導入することで、あまり活用されていなかったFAQページが顧客対応業務の効率化につながることが理解できるのではないでしょうか。

※掲載されている内容は公開日時点のものです。
※掲載されているサービスの名称、内容及び条件は、改善などのために予告なく変更することがあります。

SHARE

関連記事

AIで応対する「バーチャルアシスタント」の現在地

2017.01.25

AIでビジネスの現場を変える第3回

AIで応対する「バーチャルアシスタント」の現在地

音声認識を活用!コンタクトセンター運営の最新事情

2017.07.19

AI活用でここまで進化している!

音声認識を活用!コンタクトセンター運営の最新事情

コンタクトセンターにAI、25%が“準備を進めている”

2017.05.10

ICT活用に関するアンケート調査第2回

コンタクトセンターにAI、25%が“準備を進めている”

AI活用でコールセンター変革に挑む損保ジャパン日本興亜

2017.04.26

人工知能(AI)はビジネスにどう活用されるのか第9回

AI活用でコールセンター変革に挑む損保ジャパン日本興亜

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

2020.03.27

いま求められる“顧客接点の強化”第24回

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

2020.03.26

アナログなビジネスをデジタルに変える第2回

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

コールセンターの業務量予測をより正確にする4つの評価手法

2020.03.13

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第14回

コールセンターの業務量予測をより正確にする4つの評価手法

コールセンターのサービスレベル達成には「スケジュール遵守率」が鍵

2020.01.28

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第13回

コールセンターのサービスレベル達成には「スケジュール遵守率」が鍵

中の人が語る、コールセンターがいつも「つながらない」理由

2020.01.09

コールセンターの現場から第3回

中の人が語る、コールセンターがいつも「つながらない」理由

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる

2019.12.20

コールセンターの現場から第2回

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる