大規模なWebサイトのCMSとして数多くの実績を持ち、昨今ではスマートフォンアプリやデジタルサイネージも含めた顧客一人ひとりへ最適なデジタル体験を提供するプラットフォームとして注目されているのが、「Acquia」です。

 Acquiaでは、オープンソースで開発が進められている「Drupal」と呼ばれるCMSをベースに、グローバルレベルのWebサイトの構築・運用からコンテンツ管理、Webマーケティングまで対応できるクラウドサービスを提供しています。このサービスの特徴や具体的な導入事例について、アクイアジャパン合同会社の上田善行氏に語っていただきました。

気になる見出しをクリック

企業がWebサイトの運営で陥る“罠”

Acquiaのサービスで3,800ものWebサイトを一元管理するNASDAQ

多数のセキュリティ認証を取得したAcquiaのもたらす安心感

パーソナライゼーションやIoTとの連携にも対応

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

連載記事

関連キーワード