2018.08.17 Fri

 ネットワークでつながったモノとモノが相互通信を行い操作や計測、制御などを行うIoT。効率化や省力化を実現するため、さまざまな分野での導入が急速に広がっています。輸送用パレットのレンタルを中心に事業を展開するユーピーアール株式会社では、ワイヤレス通信に対応したタグをパレットに取り付け、在庫や入出庫の管理を行う「スマートパレット」を提供していますが、そのサービス基盤をクラウドに移行しました。どのような背景や狙いで同社はクラウド利用に舵を切り、さらにはどのようなクラウドサービスを選択したのでしょうか。

【ユーピーアール株式会社について】

 1979年に山口県宇部市で創業。現在は、コアビジネスであるパレットや物流機器のレンタル業に加え、カーシェアリングやパワーアシストスーツなど、幅広い事業を推進しています。東京と宇部に本社を置き、全国に営業所やパレットのデリパリーポイントを広く展開。2011年にはシンガポールに現地法人を設立し、パレットレンタル事業をアジア圏へ拡大させました。「地球と人を尊重する会社」を経営理念に掲げ、環境問題へ貢献すると同時に、あらゆる分野にチャレンジするユニバーサル企業を目指しています。

気になる見出しをクリック

パレットのスマート化が紛失や管理コストに貢献

クラウドサービスへの移行は将来を見据えた決断

サービス選定は“完成度”にこだわり

ユーザー拡大にも動じない導入効果とは

IoTプラットフォームのフル活用で新規ビジネスに期待

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

関連キーワード