サンポット株式会社は、安定したネットワーク基盤を整備し、基幹系システムをクラウドへ移行しました。その中には、一般的にクラウド化が困難とされてきたIBM Power Systems上で運用するシステムも含まれており、クラウド化によって安定運用だけでなく、パフォーマンス向上も実現しました。そして同社はクラウド化をさらに進めることで、さまざまな業務革新に取り組んでいきます。「できることは最大限、自社でやる」という指針の同社が推進するクラウド戦略の、本当の狙いとは何なのでしょうか。

【サンポット株式会社について】

 「快適性と健康生活環境を創造する企業」を目指し、環境性を重視した製品・システムの研究開発を積極的に展開するサンポット株式会社。同社は家庭用ストーブから大規模施設用冷暖房システムまで、幅広いニーズに対応した製品・サービスを世に送り出しています。また再生可能エネルギーのバイオマスを活用したペレットストーブの普及など、人々の快適を支える地球環境に配慮した事業展開にも注力しています。

気になる見出しをクリック

週に数件あったトラブルがゼロに!――クラウド化を前提にネットワーク基盤を整備

IBM iを含む基幹系システムをクラウドへ――他社サービスと比較したポイントとは

クラウド化によりメール環境が劇的に改善!ほぼ容量無制限のメールサーバー

クラウドのメリットを最大限に活かす!IoTの活用も視野に

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

連載記事

関連キーワード