Bizコンパス

資産運用を勉強すれば市場の「ドラマ」が楽しくなる
2013.02.05

資産運用のヒント第7回

資産運用を勉強すれば市場の「ドラマ」が楽しくなる

著者 河野 富有

「この映画を見たい!」「この舞台をぜひ!」と思うとき、皆さんは何に惹かれているでしょう? タイトルだけではなく、あらすじ・キャスト・制作の裏話などを知ったとき、「見たい」という思いが強くなるもの。資産運用の勉強をすると、「市場」という劇場で展開されるドラマを、より広く深く理解でき、興味が持てるようになるのです。

 

分からないから、つまらない

分からないから、つまらない 「投資を始める」ことは、「市場」という劇場に入場するようなものです。劇場に入るにはチケットが必要。皆さんは「株式、外貨、金・プラチナ……」などをチケットとして入場するのです。
 私たちが見つめる舞台は、投資対象の値動きが一目で分かる「チャート」です。

Yahooファイナンス

にアクセスすると、画面の上部に「株価検索」というボタンが見つかります。皆さんの好きな企業の名前を入れて、株価検索を試してください。
 検索結果には、「前日終値」「始値」「高値」などの数値データと共に、グラフのようなものが表示されます。これが「チャート」です。

 この画面を初めて見た人は「前日終値や始値という言葉が分からない」「映画や演劇みたいに楽しくないじゃないか!」と感じたかもしれません。
 「分からない」ものは、確かに楽しくないですよね。

 

分かること・興味のあることを手掛かりに

分かること・興味のあることを手掛かりに 私は、「文楽」が大好きで、大阪の国立文楽劇場での公演、東京の国立劇場での公演、地方公演など、月に1度は文楽を観ています。でも、初めから全てが理解できたわけではありません。

 文楽には「芦屋道満大内鑑」「妹背山婦女庭訓」など、「素人には、どんな意味なのか分かりづらい」ものもあります。先ほど、「チャート」を初めてご覧になった方と同じような気持ちに、私もなったものです。

 でも「艶容女舞衣」とあると、なんとなく「艶っぽい女性が登場するのかな?」と思えますよね。実際に美しい遊女が登場します。「冥途の飛脚」は「飛脚に関係のあるお話なんだろうな」と予想できます。「曾根崎心中」「仮名手本忠臣蔵」になると、ご存知という人のほうが、多いでしょう。

 情報が少なく、理解できないものよりも、情報と理解があるものに興味がわきやすい。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

河野 富有

河野 富有

フリーランスライター

大阪市立大学大学院理学研究科修了(学位:修士(理学))。2014年10月現在、放送大学選科履修生。危険物取扱者、医療情報技師、メンタルヘルスマネジメント検定(II種)をはじめ10以上の資格を保有。

SHARE