Bizコンパス

「笑い雲研究所」に聞く! 続けられる資産運用とは
2013.02.25

資産運用のヒント第10回

「笑い雲研究所」に聞く! 続けられる資産運用とは

著者 河野 富有

 資産運用が続かなくなる理由の一つに、「時間と労力ばかりかかって、利益があがりにくい手法を選んでしまったから」ということがあると、お話ししました。では、資産運用を続けるためには、どんなことを心がければ良いのでしょうか?

 

「笑い雲研究所」が目指すもの

「笑い雲研究所」が目指すもの 「笑い雲研究所」を運営する遠藤敬さんは、早稲田大学政経学部経済学科を卒業され、24年間の証券会社勤務を経験された後に、笑い雲研究所を立ち上げました。現在、笑い雲研究所は、ブログ「運用で 資産減らしちゃ 世話はなし」を通しての市況に関する個人投資家目線での情報提供や、有料メルマガの発行、資産運用相談など様々な活動を行なっています。個性的な名前を持つ研究所には、個性あふれるメンバーが出入りしている様子ですよ。

―――「笑い雲研究所」という名前の由来は?

「笑って楽しく、分析を」
「運用は、ゆるゆる力まず、自然体」
そういう気持ちで命名しました。

●資産運用のスタンスは、「あせらず」「あわてず」「ゆっくりと」。
●そして手法は「簡単」「シンプル」「分かりやすい」。
このような資産運用の方法で、「失われた20年下でも、きちんと資産形成できる」ということを、お伝えしたいと思っています。

 

「簡単」「シンプル」「分かりやすい」手法とは?

―――遠藤さんの考える「簡単」「シンプル」「分かりやすい」手法とは、どの様なものですか?

「簡単」とは、資産運用のために、わざわざ特別なことをしないということです。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

河野 富有

河野 富有

フリーランスライター

大阪市立大学大学院理学研究科修了(学位:修士(理学))。2014年10月現在、放送大学選科履修生。危険物取扱者、医療情報技師、メンタルヘルスマネジメント検定(II種)をはじめ10以上の資格を保有。

SHARE