NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
マーケティングの「今」
2020.04.23

創業事業を売却し顧客視点へ転換を図る新生ワークス

株式会社ワークスアプリケーションズ CEOオフィス 執行役員 吉田 健一 氏

 9年連続国内ERPシェアNo.1(※)のワークスアプリケーションズは、HR事業を分社化・売却して新体制で再スタートを切った。生まれ変わった同社の戦略を吉田氏に伺った。

※出典:株式会社富士キメラ総研 ソフトウェアビジネス新市場 2011-2019年版

 

HR事業を売却して新たなスタートを切ったワークス

―― HR事業売却の背景と現在の事業体制について教えてください

 弊社は1997年にHR事業のパッケージ開発からスタートし、その後AC(アカウンティング)やSCM(サプライチェーンマネジメント)、EC(イーコマース)へ事業を拡大し、国産ERPパッケージベンダーとして地位を確立してきました。業種・業態を問わず企業に必要とされる多種多様な業務要件や商習慣を汎用化「標準機能」とし、複雑な業務プロセスを持つお客様にも追加コスト不要で、多くのの要望を取り入れてアップデートを行う「お客様の声で成長し続けるERP」というコンセプトを掲げたERPパッケージは、9年連続で国内シェア1位になるなど、お客様から高い評価をいただきました。

 分岐点となったのは2014年です。この年、弊社は社運をかけてクラウドネイティブな次世代ERP「HUE」の開発に着手しました。その実現に向けてエンジニアを大量採用するなど、膨大なリソースを投入しましたが計画通りに進まず、最終的には開発方針の変更を余儀なくされてしまいました。ほかにもさまざまな要因が重なり財務が悪化していく中、中核事業のHR部門を分社化し売却し、その売却代金でAC/ SCM領域でのERPパッケージ開発を継続する決断にいたりました。現在はその売却が完了し経営も持ち直し、新体制で再スタートを切ったところです。

―― 現在の主力事業について教えてください

 HR事業は売却しましたが、我々は会計領域の「AC Suite」、SCM領域の「SCM Suite」、グループウェア・ポータルの「ArielAirOne」という強力なプロダクトを有しております。今後はこれらのプロダクトを中心に事業展開を強化していきます。まずは、既存のお客様にきちんとサービスをデリバリーすることが最優先課題だと考えています。

 高い利便性をうたった次世代ERP「HUE」の完成には少し時間がかかりますが、AC領域では2020年に大規模案件が稼働していますし、SCM領域も数年以内に大型案件が本格稼働する予定です。グループウェア・ポータルも継続的に収益化ができていますので、見通しは明るいと考えています。

―― 新生ワークスは何を目指すのでしょうか

 以前はパッケージ屋という意識が強く、営業はパッケージ・ライセンスを売ることばかり考えていました。それ自体が問題とはいえませんが「うちのパッケージを入れればROEがこんなに上がります」とか、「運用コストを大幅に削減できます」とか、製品コンセプトや製品イメージに偏った営業トークで受注してしまうことが少なくありませんでした。その結果、詳細な業務用件を十分に整理しきらないまま購入したお客様から「イメージと違う」とトラブルに発展することがありました。

 新体制でスタートを切るに当たり、同じ轍を踏まないよう… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

吉田 健一(よしだ けんいち) 1997年 中堅ゼネコン入社、建築施工管理業務を担当。2000年 ワークスアプリケーションズ入社、 西日本コンサル・国内コンサル・全導入部門の統括 などを歴任し、2020年1月に執行役員に就任、以降現職 ◎情報収集方法 ネット記事に対するコメントをきっかけに 気になる内容を見つけ、調べ始める事が多いです。 ◎スキルアップ 「あ、すごいな」 と感じた人の思考を理解するように心がけ、適宜マネするように心がけています。 あとは、自宅でリラックスできる時間をつくることを意識し、お風呂の中で思考・言動の振り返り、見つめ直しをおこなっています。
株式会社ワークスアプリケーションズについて
■ 事業内容 大手企業向けERPパッケージソフトの開発・販売・サポート
■ 設立年月 1996年7月
■ 本社所在地 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル19階
■ 資本金 114億9,100万円
■ 従業員数 3,430 名(連結) ※2019年10月時点
■ 業種 IT
■ ホームページ

https://www.worksap.co.jp/

閲覧ランキング

創業事業を売却し顧客視点へ転換を図る新生ワークス

1

創業事業を売却し顧客視点へ転換を図る新生ワークス

株式会社ワークスアプリケーションズ

マクドナルドのV字回復を支えたデジタル戦略とは

2

マクドナルドのV字回復を支えたデジタル戦略とは

日本マクドナルド株式会社

Google、Appleが認めた国内No.1MDMベンダー

3

Google、Appleが認めた国内No.1MDMベンダー

株式会社アイキューブドシステムズ

SHARE

関連記事

閲覧ランキング

創業事業を売却し顧客視点へ転換を図る新生ワークス

1

創業事業を売却し顧客視点へ転換を図る新生ワークス

株式会社ワークスアプリケーションズ

マクドナルドのV字回復を支えたデジタル戦略とは

2

マクドナルドのV字回復を支えたデジタル戦略とは

日本マクドナルド株式会社

Google、Appleが認めた国内No.1MDMベンダー

3

Google、Appleが認めた国内No.1MDMベンダー

株式会社アイキューブドシステムズ