Bizコンパス

マーケティングの「今」
2019.03.18

レシピ動画を通じフルファネルマーケティングを展開

株式会社エブリー 取締役 福井 敦 氏

 月間再生数6億回超のレシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」はじめ、複数の動画メディアを運営するエブリー。急成長中の動画業界をリードする同社の戦略を福井氏に伺った。

 

独自制作コンテンツの品質と内容が支持され再生数6億回超

―― 動画メディアのマーケット動向について教えてください

 ここ数年でWeb動画は日常的に閲覧されるメディアとして定着しました。Webに流れる広告も動画が当たり前になり、今後、通信回線が5Gになれば、さらに動画メディア関連のマーケットが伸びることは間違いありません。

―― 御社の動画メディア事業を紹介してもらえますか

 双方向のコミュニケーションができる動画メディアを通じて、日常をより楽しく、生活をより豊かにするというミッションのもと、さまざまな動画の制作・配信を行っています。複数の動画メディアを運営していますが、その中でも特に多くのユーザーを抱えているのがレシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」です。現在、ダウンロード数は1,400万を超え、月間動画再生数6億回超、SNSのフォロワーまで含めれば、日本最大級のレシピ動画サービスとなっています。

 他にも、ママの課題を解決するファミリー向け動画メディア「MAMADAYS」、女性向けにファッションやメイクなどの情報をお届けするライフスタイル動画メディア「KALOS」、ニュース&エンタメ動画メディア「TIMELINE」、さらに昨年からライブコマースアプリ「CHECK」もローンチしました。

―― 自社でコンテンツ制作まで手掛けているそうですね

 一時期、キュレーションサイトでコンテンツの信憑性が問われた時期がありましたよね。我々は、そのようなコンテンツと一線を画すべく、社内には各領域のスペシャリストが在籍し、有識者によるアドバイザリーボードを設け、信頼できるコンテンツを自社制作しています。たとえば、「DELISH KITCHEN」のレシピは、すべて管理栄養士などの食のプロが制作しており、さらに栄養面や医療面、食品衛生の観点から専門家の方に、監修していただいています。

―― 広告収入型のビジネスモデルと考えて良いですか

 そうですね。ですが、従来のテレビCMのようにクライアントが一方的に伝えたいことを伝える広告ではなく、当社のメディアを愛用してくださっているユーザーが何を求めているのかを理解した上で、クライアントの商品やサービスを動画コンテンツに溶け込ませて伝えるタイアップ広告をメインにしていることが、大きな特徴です。

―― 「分散型メディア」という言葉を使っていますが、どういう意味ですか

 メディアが情報を発信する際、従来は自社で用意したWebサイトに記事を掲載し、FacebookやTwitterなどのSNSでそのページへ誘導するのが一般的でした。それに対して、SNSに直接コンテンツを掲載して情報を拡散するメディアが「分散型メディア」と呼ばれています。

「DELISH KITCHEN」は、日本国内の分散型メディアの先駆け的存在とも言えます。スマホ利用者の多くはSNSを利用するのに最も多くの時間を使っていますので、最も人の集まるSNSのプラットフォームを利用することで、より効率的に多くの人に情報を届けられるのが分散型メディアのメリットです。

 

プロが考案・監修したレシピ動画を1日に50本制作

―― ユーザーが撮影した動画を使わず、自社制作コンテンツにこだわる理由を教えてください… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

福井 敦 (ふくい あつし)
1999年、国際証券株式会社(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社)に入社。2000年に株式会社サイバーエージェント、2006年に株式会社インタースパイア(現ユナイテッド株式会社)、2013年にサイジニア株式会社へ入社し、取締役執行役員副社長に就任、東証マザーズ上場に貢献。2018年10月より株式会社エブリーに入社し、同年11月 取締役就任、以降現職
◎情報収集方法
書籍、Facebook、Twitter、社内チャットなど
◎スキルアップ
常にチャレンジングな道を選ぶ

株式会社エブリーについて
■ 事業内容 動画メディア事業、タレントマネジメント事業、広告事業
■ 設立年月 2015年9月1日
■ 本社所在地 東京都港区 六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー38階
■ 資本金 1億円
■ 業種 情報通信
■ ホームページ

https://corp.every.tv/

閲覧ランキング

百年企業は、なぜ新たなブランドを立ち上げたのか

1

百年企業は、なぜ新たなブランドを立ち上げたのか

シナノケンシ株式会社

デジタルシフトで価値を創り「お金を借りる」の先へ

2

デジタルシフトで価値を創り「お金を借りる」の先へ

新生フィナンシャル株式会社

駅や列車の“今”が見えるUXに優れた東急線アプリ

3

駅や列車の“今”が見えるUXに優れた東急線アプリ

東京急行電鉄株式会社

マクドナルドのV字回復を支えたデジタル戦略とは

4

マクドナルドのV字回復を支えたデジタル戦略とは

日本マクドナルド株式会社

SHARE

関連記事

閲覧ランキング

百年企業は、なぜ新たなブランドを立ち上げたのか

1

百年企業は、なぜ新たなブランドを立ち上げたのか

シナノケンシ株式会社

デジタルシフトで価値を創り「お金を借りる」の先へ

2

デジタルシフトで価値を創り「お金を借りる」の先へ

新生フィナンシャル株式会社

駅や列車の“今”が見えるUXに優れた東急線アプリ

3

駅や列車の“今”が見えるUXに優れた東急線アプリ

東京急行電鉄株式会社

マクドナルドのV字回復を支えたデジタル戦略とは

4

マクドナルドのV字回復を支えたデジタル戦略とは

日本マクドナルド株式会社