2018.09.13 Thu

ゼロイチではなく1.5の新規事業でいい 

eiicon company 代表・founder 中村 亜由子 氏

 オープンイノベーションのパートナーを探せるプラットフォーム「eiicon」を立ち上げた代表の中村亜由子氏に、社内新規事業創出の経緯や目的、サービス概要について伺った。

 

育児休業中に思い付いたアイデアをまとめ、新規事業コンテストに応募

―― eiicon 立ち上げの経緯を教えてください

 きっかけは、私が第一子出産後の育休期間中に、パーソルグループ内の新規事業コンテストに起案したことです。

 当時、親戚が働く会社が親会社と縁が切れるので連携先を探していました。興味がわき、そういった連携手法を調べていくと、進め方は非常にアナログなものばかりであるということがわかってきました。取引先の地銀や商社に紹介をしてもらうなどが主流で、アポイントにしても地方の企業の場合は片道何時間もかけて1社に会いに行く。結果、形にならないこともままあるような常識の世界でした。

 ネットにそういう連携を支援するようなサービスがあるんじゃないかと探してみましたが、ちゃんと機能しているところを見つけられなかったので、では自分がやってみようと。

―― オープンイノベーションって意外と進んでないんですね

 文科省や経産省は、社外と連携するオープンイノベーション的取り組みを10年ほど前から推進していますが、あまり浸透しているとは言えません。技術系の専門領域なら専業のマッチング支援業者も有効ですが、費用が高いため中小企業やベンチャーにはあまりフィットしません。社外と連携したいけど、どういうパートナーと連携できるか知りたいとか、連携先を探すために告知する場所がほしいとか、もう少し手前のニーズを拾えているサービスは見つけられませんでした。

 当時、この状況は我々が専門とする人材業界の初期段階に似ていると思いました。そもそも転職って、最初はヘッドハンターのようなプロが秘密裏に進めていたのですが、次第に求人広告でのマッチングや人材紹介に発展し、今ではSNS系サイト等を使って無料で情報発信し、誰の仲介もなしに人が行き来するのが当たり前になってきました。

 オープンイノベーションも企業同士が直接出会える場があれば、事業連携や新規事業が生まれやすくなるのではないかとの仮説を立て、新規事業コンテストに応募しました。

 

事業は採択されたのに予算も人もプラットフォームもない

―― 育休から復職後、eiiconを立ち上げたのですか

 そう簡単には行きませんでした。育休中の2016年末に事業が採択され、2月に予算会議が開かれたのですが、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

中村 亜由子(なかむら あゆこ)
2008年、インテリジェンス入社。編集を経験後、新規開拓営業、正社員の転職支援領域における法人営業に従事。最速で営業マネージャーに昇進、約1,000名の転職をサポート、MVP他社内表彰受賞歴多数。 2015年育休中にeiiconを単独起案&唯一通過。2016年にオープンイノベーションのための企業検索プラットフォームeiiconを立ち上げる。

◎情報収集方法
あらゆるジャンルの本を読む。読んだら要保存or即リセール
◎スキルアップ
「その視座は頂点(てっぺん)か」を判断基準に行動する

eiicon companyについて
■ 事業内容全国各地・あらゆる業界の法人(企業・大学・地方自治体など)の 提携パートナーを無料で探せるオープンイノベーションプラットフォーム事業
■ 設立年月2016年
■ 本社所在地東京都千代田区大手町1-6-1(運営会社:パーソルキャリア株式会社)
■ 業種サービス
■ ホームページ

https://eiicon.net/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter