2017.08.31 Thu

移動手段を超えた未来のクルマが創出する市場へ

株式会社オートバックスセブン 取締役 専務執行役員 小山 直行 氏

 EV、自動運転、コネクテッドカーなどクルマ自体の進化が続く中、カーアフターマーケットのマーケティングはどう変わるのか、オートバックスセブン取締役の小山氏に伺った

 

未来のクルマは多様な進化を遂げ、市場はさらに拡大する

―― カーアフターマーケットを取り巻くビジネス環境の変化について、どう考えていますか

 人口減少によりクルマの台数が減り、カーアフターマーケットも縮小するとの悲観的な見方がありますが、個人的には、そうならないと思っています。なぜなら、未来のクルマは、現在とは違う形で進化し、逆に市場が拡大すると考えているからです。

 さらなる高齢化が進む20~30年後には、車イスに乗る高齢者が増えることは容易に予想がつきます。未来の車イスには、GPSとナビが搭載されて行く先を伝えるだけで、目的地へ連れて行ってくれるようになるでしょう。もはや車イスというよりパーソナルビークルですね。

 それ以外のクルマもすべて電化され、用途に合わせて使い分ける時代になると思います。たとえば、横浜へ行くなら10人乗り、名古屋へ行くなら50人乗りとか、さまざまなサイズと機能を持つクルマが提供されることが予想されます。それらのクルマは、当然自動運転で走行します。

 自動運転車が増えれば、整備ニーズが高まります。運転手がいないということは、走行時の故障が命にかかわる恐れがありますから、運行前点検を厳格化しなければなりません。また、自動運転車は走行していないときには、ロボット掃除機のように給電スポットで待機すると思うので、そのスポットごとにタイヤ交換などのニーズが生まれるでしょう。そういったニーズを捉えれば、むしろカーアフターマーケットは今より拡大する可能性があります。

 さらに、自動運転車を提供する事業者が増えれば、目的地まで走るだけではなく、クルマに何らかの手を加えてサービスで競争する時代が来ます。たとえば、カラオケが歌えるパーティーカーとか、クラシック鑑賞に適したクルマとか、複数のユーザーとバーチャルでゲームができるクルマとか、いろいろなサービスが生まれるでしょう。

 そのようなクルマを大量生産の大手メーカーが手掛けるとは思えません。おそらくニッチな市場に目を付けた人が、市販車を改造するところからスタートするでしょう。そのようなニーズをいち早く捉えた業者が、アフターマーケットの勝ち組になると思っています。

―― 移動するための乗り物というクルマの概念が変わってきますね

 もうひとつのポイントは、サービスモデルの転換です。たとえば、昔の固定電話は、基本料金の上に通話料金が加算されるので、通話代を気にしながら話していたじゃないですか。でも、今のスマホは月々の定額料金だから、パケット代を気にしませんよね。

 必需の部分に、都度お金を払うこと自体あまり心地良いものではありません。だから、クルマも月々定額のメンテナンス代を払って3カ月に1回点検に行くだけで、保険も整備も付いてくるほうが良いと思います。そういう発想でいけば、カーアフターマーケットには、まだまだポテンシャルがあると思います。

 

データ活用とパートナーシップでイノベーションを創出

―― クルマが所有から利用に変わると、カー用品販売というビジネスは難しくなりませんか

… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

小山 直行(こやま なおゆき)
1995年、鹿島建設入社。2006年、ボストン・コンサルティング・グループ入社。2012年にオートバックスセブン入社、アジア市場調査プロジェクト、海外事業などを手掛け、2016年6月に取締役専務執行役員 オートバックスチェン副本部長 兼 マーケティング担当に就任。2017年3月、ABTマーケティング代表取締役社長(現任)、2017年4月、取締役 専務執行役員 オートバックス事業企画統括(現任)
◎情報収集の手段
人と会って話す。本を読む(著者の異なる同カテゴリの本を読み分析)、海外の情報はポッドキャストとTED Talk。新聞(日経、Financial Times、The New York Times)
◎スキルアップのために心掛けていること
目標を明確にし、達成に必要なスキルセットを手に入れるべく行動する(過去には、転職というツールでスキルセットを身に付けてきた)

株式会社オートバックスセブンについて
■ 事業内容オートバックスグループ店舗のフランチャイズ本部としてカー用品の卸売及び小売、車検・整備、車両買取・販売、板金・塗装等
■ 設立年月1947年2月
■ 本社所在地東京都江東区豊洲五丁目6番52号
■ 資本金339億9,800万円(2017年3月31日現在)
■ 従業員数4,200人(連結/2017年3月31日現在)
■ 業種卸売業
■ ホームページ

https://www.autobacs.co.jp

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter