ピリリと辛くてコクがある、ごはんにぴったりの明太子。そのルーツは古くから朝鮮半島で食べられていた、スケトウダラの卵巣をキムチ漬けにした「明卵漬(ミョンランジョ)」にあります。ハングル語でスケトウダラを意味する「明太(ミョンテ)」に「子」を付けて「明太子」と日本で呼ばれるようになりました。その明太子が博多の名物となり、日本全国で食べられるようになった背景には、「ふくや」の創業者である川原俊夫のストイックなまでの“無欲さ”がありました。

 そんな、日本における明太子とふくやの歴史を振り返ります。

 

博多・中洲の食料品店で生まれた明太子

 韓国・釜山で生まれ育ち、第二次世界大戦の終戦後、出征先の沖縄県・宮古島から引き揚げてきた川原俊夫は、妻の千鶴子と、福岡県福岡市博多区の中洲に小さな食料品店「ふくや」を開きます。大戦前は満州の電力会社の経理課で腕を振るっていた俊夫には、地元の電力会社からの誘いもありました。しかし、召集で戦地に赴き、生き残った俊夫は、残りの人生を「ほんの少しでも世の中の役に立ちたい」と決意しており、戦後の厳しい食糧事情を改善すべく、食料品店「ふくや」を、1948(昭和23)年10月に開店したのです。

 乾物、豆類、調味料、瓶詰、缶詰、卵など、多くの食料品を取り扱っていた「ふくや」は繁盛します。しかし、もっと多くの人に喜んでもらえる商売をしたい、と考えていた俊夫は、それだけでは納得しませんでした。

 そんなある日、子ども時代、釜山で食べていた、日本人の間で「メンタイ」と呼ばれていた「明卵漬」をつくろうと思い立ちます。俊夫にとってメンタイは忘れられない大好物であり、あの味が再現できればきっとみんなに喜んでもらえるだろうと考えたのです。

 俊夫は、製法を誰かに学んだわけではなく、舌の記憶だけを頼りにメンタイづくりに取り組んだため、最初は失敗の連続でしたが、徐々に日本人の味覚に合う漬け込み式の製法を確立しました。

 そして、1949(昭和24)年1月から、「味の明太子」の販売を開始します。しかし「味の明太子」は、大陸から引き上げてきたわずかな人が、その味を懐かしんで買っていくだけで、さっぱり売れません。サンマ1匹10円の時代に1腹(2本)120円と値段が高すぎたこと、唐辛子になじみのない日本人にその独特の辛さが敬遠されたことが、売れない理由でした。

 作っては売れ残る日々が続き、道楽と揶揄されることもありましたが、俊夫は明太子づくりを続けます。俊夫には、日本人の味覚に合う美味しさを実現できれば必ず売れる、喜ばれるという確信があったからです。俊夫はその後も、原料となるタラコの品質にこだわり、唐辛子の品種やブレンド比率、タラコを漬け込む調味液の味を工夫する日々を送ります。

 品質が向上し、明太子の売り上げが徐々に伸びていく中で、1957(昭和32)年、俊夫はついに理想の明太子を作り出します。この頃から、口コミで噂が広がるようになり、連日、長蛇の列ができる看板商品になります。

今でも食べることができる創業当時の味

 時代とともに少しずつ味が変化してきているふくやの明太子ですが、創業当時の味を今でも楽しむことができます。2005(平成17)年に発売した「味の明太子復刻」は、発売当時の焙煎機で調合した唐辛子の風味などを再現した商品です。

 塩分も創業当時のものに近い濃度となっています。当時の明太子の塩分濃度は14~15%。塩分濃度が5~6%という現在のふくやの明太子と比べると、だいぶ塩辛い味付けとなっていました。さすがに昔のままの塩分濃度では、減塩志向のある現在では受け入れられないため、「味の明太子復刻」では塩分濃度を7~8%に設定し、現代の人でも美味しく食べられ、さらに昔の味を感じることができる味付けになっています。

 

卸しはやらない、特許は取らない

 「味の明太子」が飛ぶように売れ始めると、ふくやには「店に卸してほしい」という依頼が相次ぐようになります。しかし、俊夫は首を縦に振りませんでした。鮮度が命である明太子は品質管理が重要になるため、手を離れると品質に責任を持てないと考えたからです。また、卸しにより中間マージンが発生すると、「味の明太子」を求める人が安い値段で手に入れられなくなる、対面で販売しないと“真心”が伝わらなくなる、といった理由もありました。

 卸しを断る代わりに、俊夫は… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

株式会社ふくやについて
■ 事業内容味の明太子の製造・販売 各種食料品の卸・小売
■ 本社所在地〒810-8629福岡市博多区中洲2丁目6番10号
■ 従業員数597名※平成29年3月現在
■ ホームページ

http://www.fukuya.com

関連キーワード

ニッポンのロングセラー バックナンバー

合わせて読む