1990年代後半、インターネット、メールの普及とともに爆発的な猛威をふるい始めたコンピューターウイルス。そんな時代の到来を、いち早く予見し、ウイルス対策の重要性を訴えたひとりの男がいました。後に「ウイルスバスター」を提供する、トレンドマイクロの創業者となるスティーブ・チャン(張明正)です。

 いまやBCNランキングで9年連続売り上げNo.1を記録し、日本市場で圧倒的な強さを見せる「ウイルスバスター」シリーズの、誕生から現在に至るまでの足跡を辿っていきます。

 

世界中からウイルスの検体を集める男

 ウイルスバスター誕生の約10年前となる1980年代後半、スティーブはアメリカで、ソフトウェアの不正コピー対策用のプロテクション・キーを製造・販売していました。ある日、情報収集のために購読していた専門誌に掲載された、不正コピーを防止するためのプログラムの記事に目を奪われました。

 これはパキスタンのソフトハウスが、自社製品の不正コピーを警告する目的で作成したプログラムで、不正コピーを検知すると、利用者のコンピューターに警告を与えるというものでした。このプログラムは、悪意ある者の手に渡り、ファイル削除、データ破壊などを行う凶悪なものに改変されていき、後に「C-Brain」と呼ばれ、コンピューターウイルスの始祖として猛威をふるうことになります。

 スティーブは、このプログラムを入手して徹底的に分析。その結果から、コンピューターウイルスが蔓延する時代の到来を予見し、世界各地に出向いて、さまざまなコンピューターウイルスのサンプルを収集しました。こうしてセキュリティ対策の研究に没頭するようになったスティーブは、ウイルス対策ソフトを開発する企業として、1989(平成元)年にトレンドマイクロ株式会社を設立しました。

 トレンドマイクロは、1990(平成2)年に自社初のウイルス対策ソフト「PC-cillin(ピーシー・シリン)」を開発し、アメリカ最大のコンピューター展示会「コムデックス」に出展しました。PCとペニシリンをかけあわせたネーミングは来場者の関心を集め、ブースには人だかりができました。しかし、まだまだコンピューターが普及していない時代、コンピューターウイルスがどのようなものか、どれぐらいの脅威があるのか、理解を得ることはできませんでした。トレンドマイクロの展示に対して、「それがビジネスになるのか?」と否定的にとらえる同業者も少なくありませんでした。

 しかし、コンピューターウイルスの被害は確実に拡大しつつあり、その被害を防ぐためにトレンドマイクロは「PC-cillin」の世界展開を急ぎます。「コムデックス」から1年後の1991(平成3)年、日本でも「PC-Cillin」の販売を開始しました。発売にあたって、英語の苦手な日本人にもわかりやすく、発音しやすい製品名にという配慮から「ウイルスバスター」という名前が採用されました。ちなみに現在でも「ウイルスバスター」という名称で販売されているのは、世界で唯一、日本だけです。

 1990年代に入り、驚異的な進化を遂げるコンピューターウイルスに合わせ、「ウイルスバスター」もバージョンアップしていきます。

日本初のウイルスはクリスマスを祝う?

 日本で最初に発見されたコンピューターウイルスは、1989(昭和64)年の「メリークリスマス」と言われています。これは12月25日を迎えるとコンピューターの画面上に「A Merry Christmas to you」と表示するものです。それ以外に特別な被害を与えることはなく、利用者を驚かせるいたずら目的のものでした。主な感染経路はフロッピーディスクのため爆発的な被害拡大もなく、いまから考えるとのどかな時代だったといえるでしょう。

 

ウイルスが爆発的に増加するネット時代へ

 日本で「ウイルスバスター」が発売された当時は、まだコンピューターウイルスの種類も少なく、「ウイルスバスター」のパッケージには対応している全73種類のウイルス名が明記されていました。

 しかし、スティーブは、これからコンピューターウイルスの種類が爆発的に増えることを見通しており、競合各社も採用しているパターンファイル(ウイルスの特長をまとめたデータベース)による検知だけでは、いずれ限界が来ることを感じていました。なぜなら、パターンファイルによるウイルス検知は、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

トレンドマイクロ株式会社について
■ 事業内容コンピューター及びインターネット用セキュリティ関連製品・サービスの開発・販売
■ 設立年月1989年10月24日
■ 本社所在地東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー
■ 資本金183億8,600万円(2015年12月31日付)
■ 従業員数5,190名(2015年12月31日付)
■ ホームページ

http://www.trendmicro.co.jp/jp/

関連キーワード

ニッポンのロングセラー バックナンバー

合わせて読む