2017.02.08 Wed

バランス栄養食を拓いた「カロリーメイト」の説く力

カロリーメイト

 大塚製薬が“バランス栄養食”として提案した、カロリーメイトの誕生は1983(昭和58)年。日本で「食と健康」の問題が話題になり始めたころに登場しました。

 しかし、当初、カロリーメイトの“バランス栄養食”という新しいコンセプトはなかなか理解されず、苦戦を強いられます。「栄養をバランスよく摂る」ことの重要性を説き続けることで苦境を脱し、日本の栄養補助食品を代表するロングセラー商品に成長するまでの道のりを振り返ります。

 

カロリーメイトの開発の原点

 大塚製薬株式会社のカロリーメイトが誕生したのは1980年代のことでした。日本の経済成長とともに、ライフスタイルが変化し、ビジネスパーソンや学生などの朝食の欠食率が増加、また物資が豊かになったことで昔ながらの一汁三菜といった食習慣が崩れ、食生活も大きく変化した時代です。

 カロリーメイトには“生みの親”ともいえるものがあります。その1つが1979年(昭和54)年に大塚製薬が医療用として開発した、濃厚流動食「ハイネックス-R」です。これは5大栄養素をほぼ理想的なバランスで含み、胃の手術などで通常の食事ができない患者さん向けの栄養補給として誕生しました。これを一般の健康な方向けにより一層飲みやすく改良しようと、ドリンクタイプのカロリーメイトの開発がはじまります。

 時を同じくして、ブロックタイプのカロリーメイトの開発も進められました。朝食が必要だということがわかっていても、きちんと毎日摂るのは難しいという人のために、「いつでもどこでも食べられる“新しい朝食”を提供しよう」というコンセプトのもと、商品設計が始まります。

 カロリーメイトには、「タンパク質」「脂質」「糖質」「ビタミン」「ミネラル」という、5大栄養素をバランスよく提供するという不変のコンセプトがあり、どのような味付けにするのかを決める“味の設計”よりも、栄養素のバランスを決める“栄養の設計”を優先します。一方で一般の方に日常的に食べてもらう上で欠かせない“おいしさ”を追求するための試行錯誤が続きました。

 栄養素1つ1つは決しておいしいものばかりではありません。たとえば、ビタミンには強い酸味を持つものがありますし、ミネラルには苦味や塩味が強いものもあります。また、りんご果汁やアーモンドといった自然の原料も数多く使用していますので、栄養の設計をきちんと守った上で多様な味や特徴を持つ原料を組み合わせ、全体の味を整えるという作業を繰り返し、毎日飽きずにおいしく食べられる製品を追求しました。

 もうひとつカロリーメイトの開発には、高いハードルがありました。数多くの原料を用いる上で、その成分を均一に含有させる技術が欠かせません。また油と水のように混ざりにくい原材料をムラのない状態に混合し、かつ時間が経っても分離させない「乳化」の問題をクリアするだけでも3年、開発から発売までに実に6年もの年月を要しました。

日本人初のドーバー海峡横断をサポート

 バランス栄養補給の重要性を確信するきっかけとして1982(昭和57)年に、日本人として初めてドーバー海峡を泳いで横断した大貫映子氏をカロリーメイトの前身となる濃厚流動食「ハイネックス-R」でサポートしたことがあげられます。

 これを機にスポーツ栄養に着目し、その後バランス栄養食の将来性を確信することになりました。

 

啓発活動とサンプリングに苦節10年

 1983年(昭和58)4月、カロリーメイトのブロックタイプは「カロリーメイト ブロック チーズ味」として、ドリンクタイプは「カロリーメイト 缶 ミルク味」として発売されました。その翌年にはブロックタイプの「カロリーメイト ブロック フルーツ味」も誕生しました。

 「タンパク質」「糖質」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」という“5大栄養素”が、一度にとれる“バランス栄養食”と銘打って発売されたカロリーメイトですが、これまでにないコンセプトの商品だったため、なかなか理解してもうことができずに発売から10年ほどは苦戦が続きます。ドリンクタイプもブロックタイプも200円と、当時としては比較的高価で、「ジュースやお菓子にしては、値段が高く、それほどおいしくない」というのが、大方の評判でした。

 カロリーメイトの「バランス栄養食」という商品コンセプトが受け入れられるきっかけとなったのが、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

大塚製薬株式会社について
■ 事業内容医薬品、臨床検査、医療機器、食料品、化粧品の製造・販売、輸出ならびに輸入
■ 設立年月1964(昭和39)年8月10日
■ 本社所在地〒101-8535 東京都千代田区神田司町2-9
■ 資本金200億円
■ 従業員数5,627名(2016年12月31日現在)
■ ホームページ

https://www.otsuka.co.jp/index.php

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter