Bizコンパス

ニッポンのロングセラー
2015.11.04

ブームを読む「コアラのマーチ」の先取り戦略

コアラのマーチ

 オーストラリアからやってきたコアラから着想を得て、誕生したのがロッテのチョコレートスナック菓子「コアラのマーチ」です。おちゃめなコアラたちがプリントされたビスケットは、発売当初から子どもたちに圧倒的な支持を受け、いまや日本の“国民的スナック菓子”として知らない人がいないくらいのロングセラー商品となっています。

 発売当初からの「小学生とその母親」というターゲットの軸はブレることなく、今年も英語学習をコンセプトにした「えいごのコアラのマーチ」という新商品をラインナップに加えるなど挑戦を続ける、ロッテのロングセラー戦略をひも解きます。

 

コアラとともに“国民的チョコレートスナック菓子”がやってきた!

 1984(昭和59)年10月、東京・多摩動物公園など全国3つの動物園で、オーストラリアから初来日した6頭のコアラが披露され、大きな話題になりました。その半年前の1984(昭和59)年3月に産声を上げたのが、ロッテのチョコレートスナック菓子「コアラのマーチ」です。

 当時、ロッテはビスケットに空洞を作り、その中にチョコレートを注入したお菓子の開発に成功。しかし、ライバル他社からも同じような商品が発売されていたため、ロッテとしては何か新たな価値を付加して商品化したいと思案していたところでした。

 そんな時に、コアラが初来日するという情報が入ってきます。コアラの持つ“かわいらしさ”と“珍しさ”に、1972(昭和47)年のパンダ来日と同様のブームが起こると踏んだロッテは、コアラのキャラクターを生かしたお菓子を1年かけて開発。コアラの来日を前に世の中が盛り上がるタイミングを計って「コアラのマーチ」を発売しました。

 実際のコアラは色もグレーと地味で、生態も1日の大半を寝て暮らすという、どちらかというとおとなしいイメージの動物です。しかし、「コアラのマーチ」では、動きのあるマーチングバンドをイメージしたちゃめっ気たっぷりのコアラをビスケットに描き、楽しい雰囲気を演出しました。またパッケージを、コアラが主食とするユーカリの木葉をイメージした、当時としては珍しい六角形にするといった遊び心を加えました。

 「コアラのマーチ」はコアラの人気とともに売上を伸ばしました。発売から30年を経た今でも、「コアラのマーチ」の人気は衰えることなく、親から子へ、子から孫へと世代が代わっても受け継がれてきました。その証拠に、ロッテが行った認知度調査では、10代から60代までの層でほぼ100%の人が「『コアラのマーチ』を知っている」と答えており、まさに“国民的チョコレートスナック菓子”といえます。

 発売から数年が経ったある日、ロッテは「コアラのマーチ」が持つ魅力を1通の手紙から知ることになります。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

株式会社ロッテについて
■ 事業内容 菓子、アイスクリームなどの製造、ゴルフ場経営、ホテル経営
■ 設立年月 1948(昭和23)年6月
■ 本社所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-20-1
■ 資本金 2億1,700万円
■ 従業員数 約4,500名(ロッテグループ合算・2013年3月現在)
■ ホームページ

http://www.lotte.co.jp/

SHARE

あなたへのおすすめ

コニカミノルタが求めたグローバルIT環境の最適解

2015.04.15

いまどきのクラウド活用講座第3回

コニカミノルタが求めたグローバルIT環境の最適解