時代や世代を超えて愛され続けるものは、きっと人々の心をつかんで離さない確かな理由があります。今回のロングセラー商品は「マジックテープ」。面で着脱できるファスナーのことを一般的に「面ファスナー」といいますが、日本では「マジックテープ」の呼び名で広く浸透しています。実はこの名称は株式会社クラレの面ファスナーの登録商標。世界で唯一、面ファスナー「マジックテープ」を生産・販売しているのはクラレファスニング株式会社です。

 さて、日常のいろんなシーンで目にする「マジックテープ」、どのような経緯でロングセラー商品になったのでしょうか。

 

偉大な発明のヒントは日常に転がっている

 秋の野山を散策すると、靴や服に、いろんな草の実がついてきます。これは種子を遠くまで運ぶための植物の知恵です。「マジックテープ」の歴史は、この植物の知恵に興味を持った一人の男から始まります。1948(昭和23)年、山奥で愛犬と狩猟を楽しんでいたスイス人のジョルジュ・デ・メストラルは、自分の服や犬の毛に沢山の野生ゴボウの実が付着していることに気づきます。実を持ち帰り、顕微鏡で観察したところ、その実は無数の鉤(かぎ)で覆われていました。衣服や犬の毛に絡まった原因は無数の鉤だったのです。

 この構造に着想を得て、彼はフックとループの構造を持たせた2枚の布を密着させる面ファスナーを発明。スイスの企業と共同で会社を立ち上げ、1955(昭和30)年に特許を取得します。その後、会社と特許はベルクロ・インターナショナルに売却され、「ベルクロ」の名で世界中に広がっていきます。

 このベルクロは1958(昭和33)年に日本で特許が出願され、1960(昭和35)年にクラレファスニングの前身となる日本ベルクロがライセンス生産・販売を開始します。このとき、日本独自の「マジックテープ」という名称が誕生。従来のボタンやホックは“点”、スライドファスナーは“線”の留め具であるのに対し、“面”で留める画期的な構造を持った“魔法の留め具”として「マジックテープ」を世に売り出したのです。しかし、販売当初の業績は決して芳しいものではありませんでした。

 日本で最初に「マジックテープ」を採用したのは大手自動車メーカー。自動車の床マットの固定用でした。さらに、赤ちゃん用のおむつカバーなどにも使われますが、誰も見たことがない目新しさゆえでしょうか。発売から数年間、売上は伸び悩みます。しかし、1964(昭和39)年、10月に開通した東海道新幹線のヘッドレストカバーの留め具に採用されたことが転機となり、「マジックテープ」の認知度は一気に向上。日本中が注目する最先端の高速鉄道が使っている技術として評価を高め、「マジックテープ」は鉄道車両や自動車、航空機、コンテナー、機械器材など、工業資材・産業用資材として用途を飛躍的に拡大していきます。

奇跡の清掃を支える「マジックテープ」

 東京駅で折り返す東北・上越新幹線の清掃にさける時間はわずか7分。その間にトイレ掃除、ゴミ出し、座席カバーの交換、忘れ物のチェックなどを完璧に終える「奇跡の7分」と呼ばれる清掃作業が世界中から絶賛されています。

 実はこの奇跡を支えている要因の一つが「マジックテープ」。手際よく脱着できる利便性の高さが評価され、いまでは新幹線の座席のさまざまな部分に「マジックテープ」が使われています。

 もし、誤って新幹線の座面を汚してしまったら、車掌さんに声をかけてみてください。スペアを持ってきてくれて、バリバリという音とともに交換してくれるかもしれません。

 

さまざまなブームが「マジックテープ」の用途を拡大

 工業・産業分野では着実に用途を拡大していった「マジックテープ」でしたが、日本の消費者に広く認知されるまでには時間がかかります。見えないところに使用されることが多い“縁の下の力持ち”の宿命だったのかもしれません。しかし、大きな波はアメリカ西海岸からやってきます。1970年代のサーファーブームに乗って「マジックテープ」を使った財布「サーフウォレット」が大ブームに。一躍、「マジックテープ」の利便性の高さを多くの日本人が知ることになります。

 1980年代に入ると、これまたアメリカで生まれた「マジックテープ」を使用したジョギングシューズが爆発的にヒット。靴紐のように手間をかけることなく、足にフィットさせられる実用性に加え、ファッション性の高さが圧倒的に支持されます。ここから、いまも続く「マジックテープ」を使った子ども靴も登場して、大流行。当時、「『マジックテープ』のせいで息子が紐を結べなくなった」という苦情が寄せられるほどのブームになったといいます。

 こうした、いくつかのブームがきっかけとなり、「マジックテープ」は幅広い分野に展開されていきます。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

クラレファスニング株式会社について
■ 事業内容織製面ファスナー『マジックテープ』、成形面ファスナー『マジロック』、その他面ファスナー関連商品の製造・開発・販売
■ 設立年月1988年(昭和63年)10月18日
■ 本社所在地大阪府大阪市北区角田町8番1号 梅田阪急ビルオフィスタワー40階
■ 資本金1億円
■ 従業員数約120名
■ ホームページ

http://www.magic-tape.com/

関連キーワード

ニッポンのロングセラー バックナンバー

合わせて読む