Bizコンパス

リスクマネジメント

セキュリティ・BCP対策などで想定されるリスクマネジメント

企業のセキュリティ対策は“アウトソース”がカギ

セキュリティリソースの不足をいかに補うべきか?第3回

企業のセキュリティ対策は“アウトソース”がカギ

予算や人的リソースに限りがある企業は、どのようにセキュリティ対策に取り組んでいくべきなのか。NTTコミュニケーションズの松原岳夫氏が解説します。

CTO講演からひも解く!米国国防情報システム局も認める「Menlo Security」の安全性とその理由

セキュリティ対策に求められる新たな視点第6回

CTO講演からひも解く!米国国防情報システム局も認める「Menlo Security」の安全性とその理由

多くの企業・団体で採用され注目を集める、セキュリティソリューション「Menlo Security」がなぜ安全なのかについて、Menlo Securityの最高技術責任者(CTO)、カウシック・グルスワミー氏の講演からひも解きます。

終らないアラート対応に終焉を、ServiceNowとTenableが打ち出す脆弱性管理とは

DXを加速させるITシステムの運用改革第9回

終らないアラート対応に終焉を、ServiceNowとTenableが打ち出す脆弱性管理とは

2020年に向けてサイバーテロのリスクが高まると予測される日本。これからの企業のセキュリティ対策のカギとなる「継続的な脆弱性管理の重要性」を解説します。慢性的な人材不足の中、どのように実現できるのかヒントになる記事です。

使いやすくセキュリティも強化したリモートワーク、そんなオイシイ話は“ある”

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第8回

使いやすくセキュリティも強化したリモートワーク、そんなオイシイ話は“ある”

クラウド化は働き方改革のキーファクターですが、“利便性”と“セキュリティ”の両立という課題もあります。その課題を解決する「セキュアドPC」の魅力に迫ります。

フォーティネットに聞く、2019年版サイバー攻撃の防ぎ方

セキュリティ対策に求められる新たな視点第5回

フォーティネットに聞く、2019年版サイバー攻撃の防ぎ方

2017年に大流行したサイバー攻撃の脅威は、2019年の現在も続いています。どのように対抗すれば良いのか。セキュリティ機器市場大手のフォーティネット社に聞きました。

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

DXを加速させるITシステムの運用改革第4回

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

今、注目を集めるSaaS型ITサービスマネジメントプラットフォーム「ServiceNow」。そのスムーズな導入を支援する国内企業向けの新サービスが登場しました。

あらゆるリスクを無害化する、「最強のセキュリティ対策」とは

セキュリティ対策に求められる新たな視点第4回

あらゆるリスクを無害化する、「最強のセキュリティ対策」とは

進化し続けるサイバー攻撃によって、セキュリティ対策コストは膨らむばかり。そんな中で世界の名だたる企業から注目を集める「インターネット分離・無害化」を解説します。

大手旅行会社も採用する次世代型リモートアクセス、アカマイ「EAA」とは

セキュアなリモートアクセス環境を構築する手法第1回

大手旅行会社も採用する次世代型リモートアクセス、アカマイ「EAA」とは

ゼロトラスト・モデルを採用した新たなリモートアクセスとして、アカマイ・テクノロジーズの「EAA」が注目されています。ソリューションの特徴を同社にインタビューしました。

聖域なきセキュリティ「ゼロトラスト・モデル」とは

セキュリティ対策に求められる新たな視点第2回

聖域なきセキュリティ「ゼロトラスト・モデル」とは

「ゼロトラスト・モデル」というセキュリティ設計が今、再注目されています。提唱当時からゼロトラスト・モデルを標榜するパロアルトネットワークスに話を聞きました。

3つの失敗例に学ぶ「脆弱性診断」を見極めるポイント

セキュリティサービスを見きわめる方法

3つの失敗例に学ぶ「脆弱性診断」を見極めるポイント

自社システムや提供サービスのセキュリティリスクを可視化するために利用したい「脆弱性診断サービス」。どのような点に注意して、サービスやベンダーを選ぶべきでしょうか。

セキュリティ対策の「As-is」「To-be」の考え方とは

グローバルなIT基盤を最適化する仕組み

セキュリティ対策の「As-is」「To-be」の考え方とは

複雑化する企業のIT環境において、あらためて問題となるセキュリティ。セキュリティコンサルティングサービスを提供しているディメンションデータに解決策などを伺いました。

年間36万円でサイバー保険付き!CSIRT運営の力強い味方とは

セキュリティリソースの不足をいかに補うべきか?第2回

年間36万円でサイバー保険付き!CSIRT運営の力強い味方とは

CSIRTの構築・運営には相応のスキルやノウハウが必要で、構築後の運用面が不安だといった悩みを抱えている担当者も多いはず。CSIRT運用サポートの新たな選択肢をご紹介します。

サイバー攻撃にうまく向き合う方法とは

スペシャリストが語り合うセキュリティ対策の現場

サイバー攻撃にうまく向き合う方法とは

テレビ局でセキュリティ対策を主導し、ICT-ISAC-JAPANの事務局次長も務める熱海徹氏に、NTTコミュニケーションズのセキュリティエバンジェリストがお話を伺いました。