NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイバー攻撃・不正アクセス対策

企業に深刻なダメージを与えるデータの改ざんや漏えいなどの対策

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

クラウド活用やテレワークにより境界防御だけではない新たなセキュリティ対策が必要となっています。ネオファースト生命の「無害化」による取り組みを紹介します。

3

テレワークの不安を解消する、ゼロトラストの“組み合わせ”はこれだ!

セキュリティ対策に求められる新たな視点第23回

テレワークの不安を解消する、ゼロトラストの“組み合わせ”はこれだ!

セキュリティの不安からテレワークを断念したり、不安を抱えたまま移行した企業も多いかもしれません。しかし、ソリューションを組み合わせれば課題は解決できます。

5

マルウェア「Emotet」の国内感染は推定約500台–駆除活動が本格化

IT&ビジネス最新ニュース第117回

マルウェア「Emotet」の国内感染は推定約500台–駆除活動が本格化

1月下旬にマルウェア「Emotet」の攻撃司令制御サーバーがテイクダウンされたことを受け、国内では感染端末の特定と駆除要請などの対策が始まる。

SOMPOひまわり生命は“無害化”で安全にWeb閲覧できるセキュリティを実現

セキュリティ対策に求められる新たな視点第21回

SOMPOひまわり生命は“無害化”で安全にWeb閲覧できるセキュリティを実現

SOMPOひまわり生命の仮想ブラウザによるWeb分離には「レスポンスが遅い、固まる」「本当に安全か不安」という課題がありました。同社はこれを「無害化」で解決しました。

1

ランサムウェアの身代金支払い額、日本は平均で約1億2300万円

IT&ビジネス最新ニュース第92回

ランサムウェアの身代金支払い額、日本は平均で約1億2300万円

セキュリティ企業のクラウドストライクの調査によれば、直近1年で日本企業の52%がランサムウェア攻撃を経験し、32%が身代金を支払っていた。

DXが進むほどリスクは高まる?エンドポイントで始める新たなセキュリティ対策

セキュリティ対策に求められる新たな視点第19回

DXが進むほどリスクは高まる?エンドポイントで始める新たなセキュリティ対策

数万台規模の端末をリアルタイムで可視化できるソリューションが存在します。今回は人間がマスクをするように、端末の“衛生”を管理する方法を紹介します。

NFLabs.に聞く「セキュリティのトップガン人材」の育て方

セキュリティ対策に求められる新たな視点第17回

NFLabs.に聞く「セキュリティのトップガン人材」の育て方

株式会社エヌ・エフ・ラボラトリーズは、独自のカリキュラムによってNTTグループに高度セキュリティ人材を輩出しています。同社はどのようにセキュリティ人材を育成しているのでしょうか。

ニューノーマル時代に必要なサイバーセキュリティとは?

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第11回

ニューノーマル時代に必要なサイバーセキュリティとは?

ニューノーマル時代に備え、企業及び個人はどのようにサイバーセキュリティに備えるべきなのか?サイバーディフェンス研究所上級分析官の名和利男氏が分析する。

通信の“異常”から見る新しいAIマネージドソリューションとは

セキュリティ対策に求められる新たな視点第16回

通信の“異常”から見る新しいAIマネージドソリューションとは

サイバー攻撃から自社を守るためにはどうすればいいのでしょうか。専門家はAIを利用し「通信の異常を可視化」すれば、被害を未然に防ぐことができるといいます。

三菱電機の不正アクセスに学ぶ、令和のサイバーセキュリティ

セキュリティ最前線第7回

三菱電機の不正アクセスに学ぶ、令和のサイバーセキュリティ

2020年1月20日、三菱電機は不正アクセスの被害を公表した。今回は同社が公開した攻撃手法や検証プロセスを盛り込んだ報告書から、最新のサイバーセキュリティを学ぶ。

「サイバー攻撃から24時間体制で守る運用」をアウトソース!?その効果とは

セキュリティ対策に求められる新たな視点第14回

「サイバー攻撃から24時間体制で守る運用」をアウトソース!?その効果とは

インシデントが起こらないよう、企業は24時間365日、自社のシステムを監視すべきです。ですが、全て自社で行う必要はありません。うまくアウトソースする方法を紹介します。

1

専門家「サイバーリスクがゼロにならないなら、検知と対応に注力すべき」

セキュリティ対策に求められる新たな視点第13回

専門家「サイバーリスクがゼロにならないなら、検知と対応に注力すべき」

日本のサイバーセキュリティ対策は世界と比べて遅れているといわれています。その原因の一つとして専門家は日本企業が抱える構造的な問題を指摘します。

セキュリティの専門家が語る「2020の脅威」その傾向と対策

セキュリティ対策に求められる新たな視点第12回

セキュリティの専門家が語る「2020の脅威」その傾向と対策

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に浮かれている場合ではない? 高まるサイバー攻撃のリスクを前に、企業が優先して取り組むべきセキュリティ対策について解説します。

「DXレポート」作成者が教える「2025年の崖」を乗り越えるポイント

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第28回

「DXレポート」作成者が教える「2025年の崖」を乗り越えるポイント

「2025年の崖」の警鐘を鳴らす経済産業省の和泉氏が、日本でDXを成功させるためのヒントを解説します。「DXリポート」作成者が教える、DXを推進するためのポイントとは。

台風が来ると、サイバー攻撃が増加!?高度化する手口の防ぎ方

セキュリティ対策に求められる新たな視点第11回

台風が来ると、サイバー攻撃が増加!?高度化する手口の防ぎ方

2019年9月9日、関東地方に上陸した台風15号は各地に甚大な被害をもたらしましたが、実は同時に「サイバー攻撃の増加」も引き起こしています。なぜなのでしょうか?

1