Bizコンパス

運用管理

クラウドやグローバル化で変貌する、ITインフラの運用管理

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる

DXを加速させるITシステムの運用改革第19回

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる

社内に散在するITシステムの構成情報は、「CMDB(構成管理データベース)」を使えば片づきます。CMDBを実装して、手間やコストを抑える効果的な活用術を紹介します。

「サイバー攻撃から24時間体制で守る運用」をアウトソース!?その効果とは

セキュリティ対策に求められる新たな視点第14回

「サイバー攻撃から24時間体制で守る運用」をアウトソース!?その効果とは

インシデントが起こらないよう、企業は24時間365日、自社のシステムを監視すべきです。ですが、全て自社で行う必要はありません。うまくアウトソースする方法を紹介します。

有識者が明言「日本企業はRPAを全然使えていません」

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第25回

有識者が明言「日本企業はRPAを全然使えていません」

アビームコンサルティングの安部慶喜氏は、RPAイベントの講演にて「日本企業はRPAを全然使えていません」と明言しました。なぜ、活用できていないのでしょうか?

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?

DXを加速させるITシステムの運用改革第19回

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?

企業内のクラウド活用が進んでいますが、セキュリティの脅威に備えつつ、機敏性(アジリティ)を損なうことなく利用するためには、どのようにすれば良いのでしょうか?

“ロボットづくり”は本当に簡単なのか? RPAのリアル

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第24回

“ロボットづくり”は本当に簡単なのか? RPAのリアル

RPAの多くは「ロボットが簡単に作成できる」「プログラミングなしでできる」と謳われていますが、それは本当なのでしょうか?「WinActor」を例に検証します。

交通費の立替払いはムダ!○○に変えれば年約5千時間の稼働が削減できる

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第23回

交通費の立替払いはムダ!○○に変えれば年約5千時間の稼働が削減できる

時間も手間もかかる面倒な交通費の精算を、「そもそも精算自体を無くす」という根本的な方法で解消し、業務効率と従業員満足度をアップした企業があるようです。

面倒な「交通費精算」を、モバイルSuicaと連携して効率化する方法

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第22回

面倒な「交通費精算」を、モバイルSuicaと連携して効率化する方法

多くのビジネスパーソンが時間を掛けて行っている面倒な業務のひとつに交通費精算がありますが、モバイルSuicaとコーポレートカードを使うことで、意外と簡単に処理できてしまいます。

いまさら聞けない、RPAの“基本”の話

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第20回

いまさら聞けない、RPAの“基本”の話

ロボットを用いて作業を自動化する「RPA」が人気ですが、そもそもRPAとはどんなもので、どんな製品を導入すれば良いのでしょうか? RPAの基本的な仕組みをおさらいします。

ビジネスに貢献するITサービスマネジメントとは?

新しいITサービスの品質改善の指針が登場第4回

ビジネスに貢献するITサービスマネジメントとは?

せっかくITIL4を学んだとしても、仕事の中身が従来と変わらない“板挟み”では、意味がありません。IT担当者には、全体最適の視点で業務全般を見渡す力が求められています。

米国の先進企業が語るデータの効率的な「蓄積」と効果的な「活用」

これからの時代に求められるデータ利活用第1回

米国の先進企業が語るデータの効率的な「蓄積」と効果的な「活用」

「NTT Communications Forum 2019」で行われた講演「データマネジメントの未来を語る ~米国の先進事例を交えながら~」から米先進企業による最新のデータの蓄積・活用方法を紹介します。

パソナ、グリー、ネットワンはServiceNowでどう窓口業務を改善したのか

DXを加速させるITシステムの運用改革第17回

パソナ、グリー、ネットワンはServiceNowでどう窓口業務を改善したのか

ServiceNow主催のイベント「Now at Work Tokyo」より、ServiceNowの活用事例を紹介。パソナグループ、グリー、ネットワンシステムズの活用方法をレポートします。

「板挟み」は仕事なのか?ここが変だよ日本のIT担当者

新しいITサービスの品質改善の指針が登場第3回

「板挟み」は仕事なのか?ここが変だよ日本のIT担当者

日本企業では、IT部門が企業側の要望をITベンダーに伝える“通訳”的な役割が多く、両者の「板挟み」になりがちです。しかし、本来の仕事は板挟みになることではありません。

ServiceNowで何ができた? NTT Comは「入社手続き自動化」、楽天は「RPA管理」

DXを加速させるITシステムの運用改革第16回

ServiceNowで何ができた? NTT Comは「入社手続き自動化」、楽天は「RPA管理」

ServiceNowは、どのように活用されているのでしょうか。ServiceNow主催のイベント「Now at Work Tokyo」の講演から、NTTコミュニケーションズと楽天の取り組みを紹介します。

顧客が自分自身で問題を解決できてしまう「CSM」とは?

DXを加速させるITシステムの運用改革第15回

顧客が自分自身で問題を解決できてしまう「CSM」とは?

顧客の要望や困りごとに素早く対応することで、顧客満足度を継続的に向上する「CSM」というアプローチ手法があります。CRMとはどう違うのでしょうか。

「2025年の崖」はServiceNowで乗り越える。「Now at Work Tokyo」レポート

DXを加速させるITシステムの運用改革第14回

「2025年の崖」はServiceNowで乗り越える。「Now at Work Tokyo」レポート

経産省の官僚が明言する「2025年の崖」の打開策や、アフラック社の導入事例など働き方改革に重要な役割を果たす、ServiceNowの戦略を紐解きます。