Bizコンパス

音声認識・スマートスピーカー

AIの進歩で著しく精度が向上した音声認識技術の活用

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは

いま求められる“顧客接点の強化”第23回

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは

コンタクトセンター業界では、人手不足と高離職率という現実が問題視されています。しかし、切り札はあります。それが「次世代AIコンタクトセンター」なのです。

「自分でやるには時間が足りない仕事」をAIに任せる方法

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第16回

「自分でやるには時間が足りない仕事」をAIに任せる方法

日々の業務には「自分でやるには時間が足りない」「人に頼むには気が引ける」といった中途半端な仕事が少なからずあります。それらは意外とAIに置き換えられるかもしれません。

コールセンターに○○を導入したら、効率が“約30倍”アップした

いま求められる“顧客接点の強化”第22回

コールセンターに○○を導入したら、効率が“約30倍”アップした

テレマーケティングを行う株式会社東名では、AIで音声をテキスト化する「テキストマイニング」を導入。その結果、“従来の約30倍の業務効率化”があったといいます。

実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来

いま求められる“顧客接点の強化”第18回

実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来

2019年7月の「日経XTREND FORUM 2019」において、NTTコミュニケーションズの杉井達朗氏が、顧客接点におけるDXに向けた取り組みの現状やAIの活用事例を解説しました。

もう英語だけの会議で戸惑わない!自動翻訳してくれるサービスが登場

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第14回

もう英語だけの会議で戸惑わない!自動翻訳してくれるサービスが登場

AIが日本語、英語、中国語などの言語を、瞬時に翻訳してくれるテレビ会議サービスが登場。多言語のコミュニケーションは、もっとカンタンになります。

“お堅い会社”が「Box」を公式ツールに採用。何がどう変わった?

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第13回

“お堅い会社”が「Box」を公式ツールに採用。何がどう変わった?

導入障壁となるのは「セキュリティ」。一次代理店として「Box」の販売を行うNTTコミュニケーションズが、自社でBoxを公式ツール化するまでの取り組みにフォーカスします。

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

いま求められる“顧客接点の強化”第9回

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

人手不足が深刻化しています。顧客接点そのものを変えないとビジネスが継続できない企業もあるかもしれませんが、その際には“顧客接点のデジタル化”が役に立ちます。

来客の受付から工場の異常検知まで、AIの適用範囲は広がっている

第3回「AI・人工知能EXPO」レポート

来客の受付から工場の異常検知まで、AIの適用範囲は広がっている

日本最大規模のAI専門展「AI・人工知能EXPO」が4月3~5日に開催された。本稿では、ビジネスのさまざまなシーンにAIを取り込んだ、NTTグループの展示ブースの内容を取り上げる。

文脈を理解しコンテンツを生成する、最新AIを解説

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第12回

文脈を理解しコンテンツを生成する、最新AIを解説

AIの活用領域は着実に広がり続け、昨今は「文脈理解」「コンテンツ生成」などの分野で注目されています。こうしたAIの現状について、武蔵野大学准教授中西崇文氏に伺いました。

セールスフォースが提示する次世代の顧客マネジメントとは

「Salesforce World Tour Tokyo 2018」レポート

セールスフォースが提示する次世代の顧客マネジメントとは

Salesforce World Tour Tokyo 2018の模様から、デジタルテクノロジーで変化する「顧客と企業の関係」やデジタル化を阻む壁の打開策を紹介。

2019年のITトレンドは?企業の動向を知るキーワード

ビジネススピードを加速するIT基盤第17回

2019年のITトレンドは?企業の動向を知るキーワード

2018年、企業はどのような分野でITを活用してきたのでしょうか。多くの注目を集めた記事の傾向を読み解き、2019年のIT動向を探っていきます。

DNPとNTT Comがつくる対話型AIを活用した新しい消費体験とは

AIを活用して小売をサポートするビジネスモデル

DNPとNTT Comがつくる対話型AIを活用した新しい消費体験とは

アメリカをはじめ、日本や中国でも進められているのが無人店舗への取り組みです。大日本印刷(DNP)が推進している、対話型AIエンジン「COTOHA® Virtual Assistant」を活用したユニークな事例を紹介します。

成果が出るRPA、成果が出ないRPAの違いとは?

「最先端AI」で業務効率化する方法後編

成果が出るRPA、成果が出ないRPAの違いとは?

ロボットにより業務を自動化する「RPA」。一見すると、導入すればすぐ効果は出そうですが、実は導入しても成果が出ないケースもあります。成否を分けるポイントとは?

働き方改革を推進するキーアイテムは「音声認識」

「最先端AI」で業務効率化する方法前編

働き方改革を推進するキーアイテムは「音声認識」

スマートフォンやスマートスピーカーに搭載される「音声認識」技術は、実は働き方改革に貢献する可能性があります。コンタクトセンターなどにおける導入事例を紹介します。

AI活用でコールセンター変革に挑む損保ジャパン日本興亜

人工知能(AI)はビジネスにどう活用されるのか第9回

AI活用でコールセンター変革に挑む損保ジャパン日本興亜

損保ジャパン日本興亜のコールセンターにおいて、人工知能を業務に活用するためのトライアルがスタート。プロジェクトの狙いや今後の展開について、お話を伺いました。