Bizコンパス

人工知能(AI)

農業や製造業など様々な分野に適用が広がる人工知能

「自分でやるには時間が足りない仕事」をAIに任せる方法

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第16回

「自分でやるには時間が足りない仕事」をAIに任せる方法

日々の業務には「自分でやるには時間が足りない」「人に頼むには気が引ける」といった中途半端な仕事が少なからずあります。それらは意外とAIに置き換えられるかもしれません。

電子国家・エストニアで進化する「モビリティ」の現在地

海外の最新IT事情

電子国家・エストニアで進化する「モビリティ」の現在地

“電子国家”“スタートアップ企業支援国家”として知られる国・エストニアでは、自動運転バスなど「モビリティ」も進化しているようです。現地からレポートします。

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第21回

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?

NTT Comでは中期経営戦略として「Smart Worldの実現」を掲げています。このSmart Wordとは、どんな世界なのでしょうか? 9月に開始した新プラットフォームから探ります。

コールセンターに○○を導入したら、効率が“約30倍”アップした

いま求められる“顧客接点の強化”第22回

コールセンターに○○を導入したら、効率が“約30倍”アップした

テレマーケティングを行う株式会社東名では、AIで音声をテキスト化する「テキストマイニング」を導入。その結果、“従来の約30倍の業務効率化”があったといいます。

「AI+IoT」の電子部品が人気の背景に、あの社長とあの大統領あり?

AIとIoTの現場から第1回

「AI+IoT」の電子部品が人気の背景に、あの社長とあの大統領あり?

AIエンジン搭載のIoT向け新型CPUが秋葉原にやってきた。このCPUが人気を集める背景には、孫正義とドナルド・トランプが意外な形で関わっているようだ。

コンタクトセンターはAIで“さらに”重要な顧客接点に進化している

いま求められる“顧客接点の強化”第20回

コンタクトセンターはAIで“さらに”重要な顧客接点に進化している

AIによる音声認識技術は、顧客接点の1つである「コンタクトセンター」にも導入されており、顧客満足だけでなく、オペレーターの不平不満の解消にも繋がっているようです。

AI法律相談窓口をオンラインで開設、アガルートのリーガルテック戦略とは

いま求められる“顧客接点の強化”第19回

AI法律相談窓口をオンラインで開設、アガルートのリーガルテック戦略とは

働き方改革関連法はじめさまざまな法律が厳格化し、企業規模を問わず適正な対応が求められる時代です。リーズナブルに利用できる“AI顧問サービス”はいかがでしょうか。

機械学習導入に失敗しない、3つの重要な観点とは

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第20回

機械学習導入に失敗しない、3つの重要な観点とは

AIの開発を進める際に、「チーム」「プラン」「プラットフォーム」の観点がない場合、プロジェクトは失敗してしまう可能性が高いようです。一体、何故でしょうか?

実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来

いま求められる“顧客接点の強化”第18回

実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来

2019年7月の「日経XTREND FORUM 2019」において、NTTコミュニケーションズの杉井達朗氏が、顧客接点におけるDXに向けた取り組みの現状やAIの活用事例を解説しました。

もう英語だけの会議で戸惑わない!自動翻訳してくれるサービスが登場

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第14回

もう英語だけの会議で戸惑わない!自動翻訳してくれるサービスが登場

AIが日本語、英語、中国語などの言語を、瞬時に翻訳してくれるテレビ会議サービスが登場。多言語のコミュニケーションは、もっとカンタンになります。

“お堅い会社”が「Box」を公式ツールに採用。何がどう変わった?

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第13回

“お堅い会社”が「Box」を公式ツールに採用。何がどう変わった?

導入障壁となるのは「セキュリティ」。一次代理店として「Box」の販売を行うNTTコミュニケーションズが、自社でBoxを公式ツール化するまでの取り組みにフォーカスします。

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる

いま求められる“顧客接点の強化”第17回

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる

コンタクトセンターのDXにはどのようなソリューションの導入が有効なのでしょうか。AIの活用を中心にNTT Comの田湯剛朗氏に聞きました。

企業と消費者の間にある「大きな溝」はどうすれば埋められるか?

いま求められる“顧客接点の強化”第16回

企業と消費者の間にある「大きな溝」はどうすれば埋められるか?

さまざまな顧客接点が存在する現在、消費者は企業に何を求めているのでしょうか。CRMのエキスパートであるセールスフォース・ドットコムの丸山浩太郎氏が解説します。

終らないアラート対応に終焉を、ServiceNowとTenableが打ち出す脆弱性管理とは

DXを加速させるITシステムの運用改革第9回

終らないアラート対応に終焉を、ServiceNowとTenableが打ち出す脆弱性管理とは

2020年に向けてサイバーテロのリスクが高まると予測される日本。これからの企業のセキュリティ対策のカギとなる「継続的な脆弱性管理の重要性」を解説します。慢性的な人材不足の中、どのように実現できるのかヒントになる記事です。

ServiceNowで故障発生から復旧までの全プロセスを自動化する「ゼロタッチオペレーション」

DXを加速させるITシステムの運用改革第8回

ServiceNowで故障発生から復旧までの全プロセスを自動化する「ゼロタッチオペレーション」

NTTコミュニケーションズは、自社のクラウドサービスに運用課題を抱えていました。解決のために同社がとったのが「ServiceNow」導入による保守運用の“自動化”でした。