NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)

人工知能(AI)/ビッグデータ

様々な分野で広がるAI、機械学習、ビッグデータの管理や分析

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020年9月10日(木)、東京・日比谷にオープンした製造業DXを体感できるショールーム「スマラボ東京」のオープニングイベントの模様をレポートします。

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

データ活用推進のための手法の一つに「データレイク」があります。データレイクはデータ収集後、分析目的を柔軟に変更できるメリットがある一方でデメリットも存在します。

世界ウェアラブル市場、2020年は好調続き4000万台弱へ–2024年まで2桁成長を維持

IT&ビジネス最新ニュース第64回

世界ウェアラブル市場、2020年は好調続き4000万台弱へ–2024年まで2桁成長を維持

IDCは、世界ウェアラブルデバイス市場に関する調査結果を発表した。2020年の出荷台数は3億9600万台で、前年の3億4590万台から14.5%増えると見込む。

医療や製造業での導入も盛んに、AIはビジネスで価値を生み出す技術に進化している

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第4回

医療や製造業での導入も盛んに、AIはビジネスで価値を生み出す技術に進化している

AIは日々進化し、人の五感を再現したり、分析理由を説明できるようになっています。医療や工場等での導入も増えているAI の動向をNTT Comエバンジェリスト島田氏が解説します。

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第8回

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

With/Afterコロナで企業はどうデータを活用すべきでしょうか?LINEでの「新型コロナウイルス感染症対策の全国調査」を仕掛けた宮田裕章氏にデータサイエンスの現状と今後を聞きます。

IoTで注目すべき「データエコシステム」と「データパイプライン/DataOps」–IDC

IT&ビジネス最新ニュース第63回

IoTで注目すべき「データエコシステム」と「データパイプライン/DataOps」–IDC

IDC Japanは、国内IoT市場のテクノロジー別支出額予測を発表した。

「Smart Mobility」で、クルマはもっと安全に、便利になる

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第51回

「Smart Mobility」で、クルマはもっと安全に、便利になる

NTT Comでは現在、新しいモビリティサービスの創出を支援する「Smart Mobility」の取り組みを推進しています。一体どのようなものなのか、推進室長に話を聞きました。

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第8回

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

DX推進のポイントとなるデータ活用は、多くの企業の課題となっています。この課題に対してどう取り組むべきか、NTT Comのエバンジェリスト、林雅之氏に聞きました。

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第49回

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?

SDGsへの貢献を企業に要求する投資家の圧力が強まる中、日本の企業は遅れを取っています。挽回するためICTをどう賢く使うべきか。NTT Comエバンジェリスト境野哲氏が解説します。

渋滞や大気汚染を予測、「Smart City」に貢献するスタートアップ

シリコンバレー通信第31回

渋滞や大気汚染を予測、「Smart City」に貢献するスタートアップ

今回のシリコンバレー通信では、生活様式が変わりつつある今の時期に役に立つ、「Smart City」に関するソリューションを提供しているスタートアップを紹介します。

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

これからの時代に求められるデータ利活用第4回

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

デジタルトランスフォーメーションの第一歩としてデータ活用が注目されています。ビッグデータやデータサイエンス、AIとともにDXに必須とされるデータ活用を解説します。

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第1回

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

With/Afterコロナの時代を迎え、CXは変革の時期にきています。これまでも多くの企業のCXをサポートしてきてたNTT ComはCXの未来像をどのように考えているのでしょうか。

ガートナー、2020年の先進技術に関する5つ動向を発表

IT&ビジネス最新ニュース第50回

ガートナー、2020年の先進技術に関する5つ動向を発表

米Gartnerは、先進テクノロジーの最新動向をまとめた「ハイプ・サイクル」を発表した。

AIは、コロナに便乗した「フェイクニュース」を見抜けるようになる

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第3回

AIは、コロナに便乗した「フェイクニュース」を見抜けるようになる

自然災害など、誰もが不安を抱えながら生活を強いられる状況下では、不安を煽るようなデマ情報が出回りがちです。こうしたデマに対しても、AIは有効です。

“食意識”をデータ化し「食のOS」をつくれ–ニチレイ初のフードテックが本格始動

IT&ビジネス最新ニュース第49回

“食意識”をデータ化し「食のOS」をつくれ–ニチレイ初のフードテックが本格始動

食品メーカー大手のニチレイは、個人の食の好みを分析し、それぞれの好みにあったレシピや情報提供を可能にする食嗜好分析システム「conomeal(このみる)」を開発したと発表した。ニチレイが手がける初のフードテックが本格始動した。開発の陣頭指揮を執ったニチレイ 経営企画部 事業開発グループの関屋英理子氏に話を聞いた。