Bizコンパス

人工知能(AI)

農業や製造業など様々な分野に適用が広がる人工知能

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる

いま求められる“顧客接点の強化”第17回

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる

コンタクトセンターのDXにはどのようなソリューションの導入が有効なのでしょうか。AIの活用を中心にNTT Comの田湯剛朗氏に聞きました。

企業と消費者の間にある「大きな溝」はどうすれば埋められるか?

いま求められる“顧客接点の強化”第16回

企業と消費者の間にある「大きな溝」はどうすれば埋められるか?

さまざまな顧客接点が存在する現在、消費者は企業に何を求めているのでしょうか。CRMのエキスパートであるセールスフォース・ドットコムの丸山浩太郎氏が解説します。

終らないアラート対応に終焉を、ServiceNowとTenableが打ち出す脆弱性管理とは

DXを加速させるITシステムの運用改革第9回

終らないアラート対応に終焉を、ServiceNowとTenableが打ち出す脆弱性管理とは

2020年に向けてサイバーテロのリスクが高まると予測される日本。これからの企業のセキュリティ対策のカギとなる「継続的な脆弱性管理の重要性」を解説します。慢性的な人材不足の中、どのように実現できるのかヒントになる記事です。

ServiceNowで故障発生から復旧までの全プロセスを自動化する「ゼロタッチオペレーション」

DXを加速させるITシステムの運用改革第8回

ServiceNowで故障発生から復旧までの全プロセスを自動化する「ゼロタッチオペレーション」

NTTコミュニケーションズは、自社のクラウドサービスに運用課題を抱えていました。解決のために同社がとったのが「ServiceNow」導入による保守運用の“自動化”でした。

店舗の売上アップ施策には、Wi-Fiによる“人流解析”が効く

いま求められる“顧客接点の強化”第13回

店舗の売上アップ施策には、Wi-Fiによる“人流解析”が効く

ECサイトでは顧客のバーチャルでの行動を記録し分析することが当たり前に行われていますが、実店舗でも顧客の行動をデータ化し、分析できます。その鍵となるのは「Wi-Fi」です。

有識者が語る「ディープラーニングのビジネス活用のリアル」

「Deep Learning Lab 2周年記念イベント」レポート

有識者が語る「ディープラーニングのビジネス活用のリアル」

2019年6月に開催された「Deep Learning Lab 2周年記念イベント」から、東京大学大学院の松尾豊氏教授の基調講演など、何がディープラーニングの社会実装を阻んでいるのかをテーマに有識者の講演模様をレポートします。

パラダイムシフトはすでにここまで来ている。「DX時代の顧客接点最新動向」

いま求められる“顧客接点の強化”第12回

パラダイムシフトはすでにここまで来ている。「DX時代の顧客接点最新動向」

デジタルトランスフォーメーション(DX)の波が押し寄せる中、企業は顧客接点をどのように変革すべきでしょうか。ライズ・コンサルティング・グループの佐藤司氏にそのポイントを聞きました。

東京都がAIチャットボットで実現する、24時間365日の問い合わせ対応

いま求められる“顧客接点の強化”第11回

東京都がAIチャットボットで実現する、24時間365日の問い合わせ対応

2018年6月に可決された東京都受動喫煙防止条例。東京都福祉保健局はこの条例の周知を図るため、AIチャットボットの導入を決めました。その取り組みを紹介します。

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

デジタル化の“第一歩”の踏み出し方前編

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

自社ビジネスに最新テクノロジーを導入している企業は、どのような成果をあげているのでしょうか。IoTのエバンジェリストに、最新のテクノロジー事情を聞きました。

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

いま求められる“顧客接点の強化”第9回

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

人手不足が深刻化しています。顧客接点そのものを変えないとビジネスが継続できない企業もあるかもしれませんが、その際には“顧客接点のデジタル化”が役に立ちます。

ゲームチェンジ“する側”に回るためのデータ活用術

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第13回

ゲームチェンジ“する側”に回るためのデータ活用術

アナログな企業が、デジタルトランスフォーメーションの第一歩を踏み出すためにはどのようすれば良いのでしょうか?企業のデジタル化をサポートするプロに話を聞きました。

来客の受付から工場の異常検知まで、AIの適用範囲は広がっている

第3回「AI・人工知能EXPO」レポート

来客の受付から工場の異常検知まで、AIの適用範囲は広がっている

日本最大規模のAI専門展「AI・人工知能EXPO」が4月3~5日に開催された。本稿では、ビジネスのさまざまなシーンにAIを取り込んだ、NTTグループの展示ブースの内容を取り上げる。

文脈を理解しコンテンツを生成する、最新AIを解説

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第12回

文脈を理解しコンテンツを生成する、最新AIを解説

AIの活用領域は着実に広がり続け、昨今は「文脈理解」「コンテンツ生成」などの分野で注目されています。こうしたAIの現状について、武蔵野大学准教授中西崇文氏に伺いました。

「オープンソースAI」で“AIの民主化”を目指すスタートアップが登場

アメリカで注目のAIビジネス第5回

「オープンソースAI」で“AIの民主化”を目指すスタートアップが登場

シリコンバレーには、オープンソースのAIプラットフォーム「H2O」を、無償で提供するスタートアップ企業があります。いったいどのように収益をあげているのでしょうか。

三宅陽一郎が語る、人と人工知能が共生する世界とは

人工知能ってなんだろう?

三宅陽一郎が語る、人と人工知能が共生する世界とは

人工知能(AI)が注目されていますが、ゲームAI開発者の三宅陽一郎氏は、人工知能のことを理解している人は「いない」としています。三宅氏が人工知能の歴史を解説します。