モビリティの電動化、自動化、ネットワーク化で世界をリードするサプライヤーボッシュグループにとって、日本は世界戦略上の重要拠点だと日本法人のメーダー社長は語る。

 

工場を遊び場として育ち、エンジニアリングの道へ

 1962年、ドイツ中西部にある人口わずか1,000人の小さな村でクラウス・メーダーは、生を授かった。両親と2人の兄弟が暮らす家の近くには、祖父と叔父とその子ども4人が暮らす家があり、7人の子どもたちは2軒を行き来しながら育った。祖父が学校の先生をしていたこともあり、いつも学校で良い成績を取らなければならないというプレッシャーがあったと、メーダーは幼少期を振り返る。

 父親は機械部品を製造する工場を経営しており、休日になると子どもたちを工場へ連れて行ってくれた。オイルの匂いがする工場には、旋盤やグラインダーなどの工作機械とメタリックな輝きを放つ工具が並び、少年だったメーダーは、その空間にいるだけでワクワクした。ものづくりが大好きで、おもちゃよりドライバーを手に何かを組み立てている方が楽しかった。

 人生における最初の試練は14歳で訪れた。大病を患い、9週間も学校を休まなければならなくなった。学校の先生から「クラスメイトに追い付くのは難しいから、留年して同じ学年をやり直したらどうか」と勧められたが、その提案を拒み「一生懸命勉強するから進級させてほしい」と懇願。退院後、必死に勉強して成績を伸ばし、すぐクラスメイトに追い付いた。

「必死に学んでいるうちに勉強のコツをつかむことができました。そのポイントとは、耳で聞いたり、目で見たりするだけではなく、必ず自分の手で書くことです。それ以来、私は書くことが習慣になり、勉強以外の日々の出来事まで細かくメモするようになりました」

 当初は機械系の技術者を目指していたが、電気にも興味があったため、ダルムシュタット大学の電気工学科へ進学。同学科には、エレクトロメカニカルという研究分野があり、電気と機械を融合させた領域に携わることができた。

「私の学科では、学生のグループにタスクと予算を割り当て、半年以内に成果を上げることが求められました。少人数のチームで技術開発を行なう手法は、個々の能力を伸ばしつつ全員のスキルを底上げでき、画期的なアイデアも生まれやすいので、私はとても気に入っていました」

 

ボッシュ入社後、ステアリングとエアバッグの事業を担当

 1987年、大学院を修了したメーダーは、ロバート・ボッシュGmbHに入社する。

「ボッシュは巨大な企業でありながら、部門横断型チームで開発に取り組んでおり、大学のやり方と似ていたので、ここで働きたいと思いました。入社後、最初に担当したステアリングは、機械と電気、センサーを組み合わせる分野で、大学の研究を生かすことができました」

 当初、チームは10名程度だったが、電動ステアリングの普及に伴い開発メンバーが急増。メンバーが増える中、それを統率し、業務を効率的に行なうリーダーが必要になった。メーダーが早くから組織マネジメント力やリーダーシップを身に付けられたのは、この環境のおかげといえるかもしれない。

 1991年、大規模な経済危機が発生、ヨーロッパ企業も多大な影響を被った。ボッシュも例外ではなく、業績悪化によりステアリング事業の縮小が決定、メーダーはエアバッグ部門へ異動となった。同部門でエアバッグのコントローラーを担当していた1992年、日本メーカーとの取引がはじまり、初めて日本の地を踏むことになる。

「当時の日本にはエクセレントカンパニーがたくさんあり、世界中で著名な企業を積極的に買収していた絶頂期でした。私はハイテクジャパンのキラキラしたイメージを抱いて成田空港に降り立ち、宿泊先の新横浜プリンスホテルへ向かいました。ところが、途中で駅の出口を間違えて地上に出てみると、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Klaus Meder(クラウス・メーダー)
1987年、ロバート・ボッシュGmbHに入社しステアリング・システム、エアバッグ・コントロール・ユニットを担当。1996年、ボッシュ・エレクトロニクスの技術及び製造部門長として来日。2001年よりロバート・ボッシュGmbHに戻りシャシー システム コントロール事業部の部門長、オートモーティブ エレクトロニクス事業の副事業部長・技術部門統轄、同事業部長を歴任。2017年7月ボッシュ株式会社の代表取締役社長に就任、以降現職

ボッシュ株式会社について
■ 事業内容ディーゼルおよびガソリン用エンジンマネジメントシステム・コンポーネント、乗用車向けブレーキシステム、トランスミッション制御、エアバッグ用コントロールユニット、自動車用センサー類、ステアリング・システムなどの開発・製造・販売。自動車機器アフターマーケット製品、電動工具の輸入販売・サービスなど
■ 設立年月1939年7月17日
■ 本社所在地東京都渋谷区渋谷3-6-7
■ ホームページ

https://corporate.bosch.co.jp/

関連キーワード

リーダーに聞く バックナンバー

合わせて読む