2018.08.28 Tue

「赤字当然」のバイオベンチャーを成功させた戦略とは

ペプチドリーム株式会社 代表取締役会長 窪田 規一 氏

 ガンやAIDS、アルツハイマー症など、未だ有効な治療方法がない医療に対する需要は「アンメット・メディカル・ニーズ」と呼ばれている。そうしたニーズに向けた創薬を目指して、2006年に“東大発ベンチャー”として設立されたのが、ペプチドリーム株式会社だ。

  社名に含まれる「ペプチド」とは、2個以上のアミノ酸が結合してできた化合物のこと。通常のペプチドは体内ですぐに分解されてしまうが、同社が開発した「特殊ペプチド」は、分解されることなく細胞の中にも入り込み、薬として機能できる可能性を秘めている。この“オンリーワン”の技術である特殊ペプチドによる革新的な創薬を実現させたことで、ペプチドリームは今や世界の大手製薬メーカー売上ベスト10のうち8社を含め18社の製薬メーカーが取引先となっている。

 創設者である代表取締役会長の窪田規一によれば、バイオ・ベンチャー業界は、たとえ技術に強かったとしても、「赤字が当たり前」という。それではなぜ、ペプチドリームはなぜ技術でもビジネスでも勝ち、世界と渡り合う企業になったのか。その道のりを窪田に聞いた。

 

パイロットを目指した青年が医療業界に転身した理由とは

 1953年、窪田は千代田区三番町という大都会のど真ん中で生まれる。家庭の事情から幼少期のうちに目黒へと引っ越し、その後、大人になるまで過ごした。小さいころから剣道や空手、合気道などさまざまな武道・武術をたしなむ“武闘派”で、高校卒業時には自衛隊の航空学生に内定するほどだった。

「小学校5年生のときに父親が他界していたこともあり、そもそも大学に行くつもりはありませんでした。ですが、戦争で辛い体験した母親に自衛隊への入隊を強く反対されてしまい、結局、亡き父親の母校である早稲田大学の政治経済学部に進学することにしました」

 在学中には学費を稼ぐべく、各種アルバイトに加え、学会をパッケージツアーにして販売する旅行代理店的なビジネス、海外のカタログに掲載されている商品の個人輸入代行業のようなビジネスを手がけた。ビジネスは順調に波に乗り、やがて学生の身分ながら銀座で遊べるほどの稼ぎを得るようになる。しかし昼間の仕事が忙しくなったことから、今度は逆に授業への出席数の方が厳しくなっていく。そこで、仕事と学問を両立させるため、当時は夜間カリキュラムが構成されていた社会科学部へと転部した。

 無事単位を取得すると、大学卒業後は日産に就職する。パイロットへの道を断念した窪田だったが、富士や鈴鹿のモーターレースに参戦したり、自分でエンジンを載せ替えるほどの自動車好きであり、入社の最大の目的もテストドライバーになることだった。

 ところが、入社して握ったのはハンドルではなくペンだった。やがて海外赴任の話が持ち上がったものの、母親を日本に置いてはいけないとして退職。1978年、臨床検査の受託大手であるスペシアルレファレンスラボラトリー(現エスアールエル)に転職した。

 突然の医療業界への転職だったが、当時の窪田は、同社が何をやっている会社であるかさえ知らずに転職していたという。

「求人誌で転職先を探していたら、ボーナスの額が非常に高かったのでそれだけで決めました」

 

ビジネスの成否は「時間軸」が分ける

 未経験だった医療の世界だが、エスアールエルでは臨床診断、検査、治験の支援など、さまざまな仕事を手掛けた。そして毎日のように臨床医に説明をしたり、CRO(臨床開発の治験業務を製薬会社から受託・代行する企業:Contract Research Organization)などとやり取りするうちに、医療業界全般に精通していった。

 こうして社内で際立った成績を示す存在となっていった窪田だが、上司の言うことなどどこ吹く風で、納得できない指示には絶対に従わなかった。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

窪田 規一(くぼた きいち)
1953年、東京都千代田区に生まれる。1976年に早稲田大学を卒業後、日産自動車株式会社に入社。1978年7月、株式会社スペシアルレファレンスラボラトリー(現・株式会社エスアールエル)に入社。2000年11月、上場企業5社の出資により設立された株式会社ジェー・ジー・エスの専務取締役、2001年4月に同社代表取締役社長に就任。2006年7月、菅裕明氏とともにペプチドリーム株式会社を設立。同社の代表取締役社長に就任した。2017年9月、同社代表取締役会長に就任。現在に至る。

ペプチドリーム株式会社について
■ 事業内容独自の創薬開発プラットフォームシステムであるPDPSを用いた創薬研究開発
■ 設立年月2006年7月3日
■ 本社所在地神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-23
■ 従業員数91名(2018年6月末現在)
■ ホームページ

https://www.peptidream.com/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter