2018.08.07 Tue

急成長「スキルのフリマ」が社会にもたらす価値とは

株式会社ココナラ 代表取締役 南章行 氏

 政府がフリーランス支援を打ち出し、大手企業が副業を解禁するなど、日本人の働き方、社会のあり方が大きく変わりつつある。これまでは大企業中心で流動性が低く同質性の強かった社会が、個人が多様なスタイルで、個性を発揮して生きられる社会へと変化し始めているのだ。

 そのような流れとともに、個人間取引やシェアリングサービスの普及も広がっている。個人が得意なことを売り買いできる、スキルのフリーマーケット「ココナラ」もその一つ。現在の登録会員は約80万人、取引成立件数は200万件以上。2012年のサービス開始以来、着実に利用者を増やしている。

 “一人ひとりが「自分のストーリー」を生きていく世の中をつくる”というビジョンを掲げるこのサービスは、いかにして生まれたのか。創業者であり、代表取締役を務める南章行氏に話を聞いた。

 

常識に縛られず、正しいと思ったことをやれ

 南は名古屋市で生まれ、ごく普通の幼少期を過ごした。だが小学2年生のとき、「ひとりメーカー」のような事業をしていた父親から言われた言葉が、今でも忘れられない。

 “先生の言うことなんて聞く必要ない。お前が正しいと思ったことをやればいい”

「当時、先生は自分にとって絶対的な存在だったので、ショックでした。でもこの言葉の影響で、僕は権威や常識にとらわれず、自分の頭で考え、自分が合理的だと思うことを貫く生き方をするようになったのだと思います」

 何ごとも目的から逆算し、最も効率的な方法を考え、最短距離を歩む。南はそんな合理的な人間だった。先生から与えられた宿題も、自分がやる意味がないと考えれば、まったくやらなかった。大学受験も1校に絞ったほうが合格しやすいと考え、慶應大学経済学部だけを受験し、現役で合格した。

 大学卒業後の就職先には、“経済の根幹であるお金を握っているから”という理由で銀行を選んだ。

「ちょうど就職活動をしていた時、金融危機が起きて山一証券が自主廃業しました。銀行で企業再生に関わることで、リストラされていく人を救えないものか。そんな思いもありました」

 しかし当時は、銀行自体の経営状態が苦しく、自分たちが生き残るのに必死だった。南が企業再生にかかわるチャンスは少なかった。そんな時、ある専門誌で、日本にも企業買収ファンドが誕生したことを知る。「これだ!」と思った南は、日本で立ち上がったばかりの投資会社「アドバンテッジパートナーズ」へ転職する。

「主要メンバーは20代後半から30代前半で、日本のトップエリートが集まっているような会社でした。仕事は滅茶苦茶ハードでしたが、業界が新しく立ちあがり、一番伸びている時期だったので、みんなものすごく仕事に意欲的でした」

 資本市場に大きなインパクトを与えられる仕事に、南は大きなやり甲斐を感じた。29歳のときには、大手飲料メーカーのポッカ(ポッカコーポレーション、現ポッカサッポロフード&ビバレッジ)を買収。業績改善し、2年で利益は数倍になった。自分が取り組んでいる仕事が、日経新聞のトップに掲載される。そのダイナミックさに、寝食を忘れて働いた。まさに熱狂の時代だった。

 

これからは会社のなかに閉じこもっていたらまずい

 その後、南は会社を一年休んでオックスフォードへMBA留学をする。いずれヨーロッパのカントリーマネージャーとなるため、ロンドンで人脈を築こうと考えたのだ。経営者としての価値観、プリンシプル(原理・原則)を磨きたいとの思いもあった。

「経営とは、論理的に何か答えを導き出すことではありません。論理で導き出せないもの、何かの信条に基づいて、決断せざるを得ない瞬間が必ずあります。そのとき、寄って立つもの、プリンシプルが必要です。MBAで膨大なケーススタディを繰り返すなかで、自分のなかにそのような軸をつくれるのではないかと思いました」

 オックスフォードでの学びを通し、南は改めて… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

南章行(みなみあきゆき)

1975年生まれ。愛知県名古屋市出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、住友銀行に入社。2004年にアドバンテッジパートナーズに入社。2009年、オックスフォード大学経営大学院(MBA)修了。2012年にウェルセルフ(現ココナラ)を設立。特定非営利活動法人「ブラスビート」理事、特定非営利活動法人「二枚目の名刺」理事、シェアリングエコノミー協会理事

株式会社ココナラについて
■ 事業内容Webサービスの開発・運営
■ 設立年月2012年1月4日
■ 本社所在地東京都品川区西五反田8-1-5 五反田光和ビル9F
■ 資本金9,000万円
■ ホームページ

http://coconala.co.jp
・サービスページ:https://coconala.com/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter