「コンプレッションウエア」と呼ばれるスポーツウエアをご存知だろうか。近年、さまざまなスポーツシーンで見かける、体にピタリと張り付くシルエットのウエアのことだ。“着圧ウエア”とも呼ばれ、適度な締め付けにより体に圧をかけ、筋肉の無駄な動きを抑える働きがある。特に有名なのが、アメリカ発祥のスポーツ用品メーカー「アンダーアーマー」(UA=UNDER ARMOUR)のウエアであり、日本でも展開されている。

 このアンダーアーマーブランドの製品について、日本における輸入・製造・販売を手掛けるのが、1996年創業の「株式会社ドーム」(DOME CORPORATION)である。同社は、テーピングの輸入販売会社としてスタートした後、各種スポーツ用品、スポーツサプリメントの製造・販売も行い、近年ではアスリートに対するパフォーマンス指導などの事業を展開している。

 その結果、2009年には、国内スポーツアパレルの売り上げTOP10に入るまで成長。2014年12月には株式会社読売巨人軍との5年間のパートナーシップ契約を締結し、2016年の関東学院を皮切りに全国の大学、高校ともパートナーシップ契約を結ぶなど、日本のスポーツ産業を欧米に匹敵するレベルに押し上げることを目標に日々奮闘している。

 そんな同社を束ねるのが創業者であり、取締役会長兼代表取締役CEOの安田秀一である。今でこそ日本全国のアスリートに愛されるようになったアンダーアーマーブランドだが、ここまでに至る道のりは、決して平坦なものではなかった。

 

こんな生き方では人生がもったいない

 1969年、安田は東京都大田区で、造船所を営む一家に生まれた。高校でアメリカンフットボールを始めると、緻密な戦術、迫力のある肉弾戦、チームワークに面白さを感じるようになった。

 大学でもアメフトを続けた安田は、3年生の時にハワイ大学で行った合同合宿にて、現在のビジネスにつながる衝撃的な体験をする。

「ハワイ大学はアメフトが米国内でとりわけ強いわけでもありませんし、大学の規模が大きいわけでもありません。それでも、チーム名がプリントされた人工芝のグランドを使っていました。さらに、ミーティングルームもトレーニングルームも立派。しかもコーチは全員プロです。日本のスポーツの環境がどれだけ遅れているのかを痛感させられました」

 大学卒業後は、大手総合商社の三菱商事に入社する。入社当初は同期で最低レベルだった英語力を、1年で海外に駐在可能なレベルまでアップさせるなど、働きぶりは至って愚直でまじめだった。

 しかし、徐々に安田は同社で働き続けることに違和感を覚えるようになっていった。

「私たちは“新人類”とか“ジェネレーションX”と呼ばれた世代です。私も『自分の価値って何だろう』ということをよく考えており、“年功序列や学閥などが時代遅れ”という意識もあったのですが、いざ入社してみれば、バリバリの年功序列に、学閥、派閥のある古い体質の世界で、次第にそういった働き方に疑問を感じるようになっていきました。

 それに加えて、土地や株を買い漁る団塊の世代に対しても、冷めた目で見ていました。先輩の人生設計を見ていると、ローンを組んで家を買い、子どもの教育に頭を悩ませ、年老いていくことが自然でした。次第に、『こんな生き方では人生がもったいない』と思うようにもなりました」

 結局、4年で三菱商事を退社。「好きだったスポーツに関わる仕事をしよう」と心に決め、1996年に大学のアメフト部の仲間と一緒に「株式会社ドーム」を立ち上げた。

 

 “戦うためのギア”との出会い

 ドームが最初に取り扱った商品は、テーピングテープだ。学生時代、安田たちが買っていたテープは400円もしたが、アメリカだと99セント(約100円)。約4分の1の値段だ。「一体誰が儲けているんだ。もっと安く買えるはずだ」「少しでも日本のスポーツ環境を良くしたい」と、現場に必要不可欠なテーピングテープを安く売り、少しでもアスリートの負担を減らしたい一心で、中間の卸問屋を通さず売り始めた。

 テープの売上は好調だったが、仕入れのための資金繰りが大変だった。安田は資金を工面するために、週末に社会人のアメフトチームのコーチも務めるようになった。

 ドーム設立2年後の1998年、安田はコーチとして、NFLヨーロッパ(ヨーロッパに本拠地を置くアメフトチームによるリーグ。後に消滅)に招かれる。そこで、またもや衝撃を受ける。そこで目にしたのは、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

安田 秀一(やすだ しゅういち)
1969年、東京都大田区に生まれる。1985年、法政大学第二高等学校入学後、アメリカンフットボールを始め、キャプテンとしてチームを全国ベスト8に導く。1988年、法政大学文学部日本文学科入学後は体育会アメフト部の主将として常勝の日本大学に勝利し、大学全日本選抜チームの主将も務める。1992年に法政大学文学部日本文学科卒業後、1992年に三菱商事入社、自動車部に配属。1996年、三菱商事を退社し、同年に株式会社ドームを創業。現在に至る。

株式会社ドームについて
■ 事業内容各種スポーツ用品、スポーツサプリメントの製造・販売。アスリートへのパフォーマンスディレクション。
■ 設立年月1996年5月8日
■ 本社所在地東京都江東区有明1-3-33
■ 従業員数363名(2018年1月現在)
■ ホームページ

http://www.domecorp.com/

関連キーワード

リーダーに聞く バックナンバー

合わせて読む