2018.07.06 Fri

社長自ら「社長のイス争奪戦」を仕掛ける狙いとは

株式会社テンポスバスターズ 代表取締役社長 森下 篤史 氏

「たまげるほど安く売ろう」

 そんな発想で、1997年に業務用厨房機器のリサイクル販売をスタートした企業が、株式会社テンポスバスターズだ。

 同社の特徴は安さとスピードにある。廃業した飲食店、ホテルなどの情報を聞きつけるとすぐに駆けつけ、厨房機器や備品を買い取り、洗い、磨き、修理して、安価で販売する。このビジネス手法は、開業を目指す中小の飲食店から絶大な支持を獲得。全国に店舗を拡大し、創立5年後の2002年にはジャスダックに上場した。

 リサイクル販売事業だけでなく、飲食店への総合支援を行う「フードビジネスプロデューサー(FBP)」にも手を広げている。2006年にはステーキレストラン「あさくま」の再建支援に乗り出し、2014年には、業務用厨房設備機器の設計・製造・販売を行う「サンウエーブキッチンテクノ」(LIXILグループ)を傘下に収めた。

 さらに、ユニークな社員教育や人事制度でも注目を浴びている。中でも特筆すべきが、店長以上の社員なら誰でも社長に立候補でき(現在はマネージャー以上)、その座を賭けて戦う「社長の椅子争奪バトル」だ。これは「店長、副店長を育てる」「買取の得意先作り」といった項目を点数で競い、トップとなった人物が社長に就任するというものだ。2003年から4年に一度開催されている。

 このバトルを発案したのは、創業者であり、現在代表取締役社長を務める森下篤史である。森下自身も過去にこのバトルに参加し、社長の座を勝ち取ることもあった。

 なぜ森下は、このような社長の座をわざわざ競わせるような制度をスタートしたのだろうか?その理由を、森下の波乱万丈の人生から振り返る。

 

「お前がいると会社がつぶれる」

 森下は1947年、静岡県で生まれた。兄弟は姉、森下、弟、妹の4人。父は農家をやりながら役所に勤める公務員。生活は苦しくなかったが、森下が小学校4年生の時に母が急死。その2年後、森下家に新しい母がやってきた。母は学校の先生だった。

「とにかく働き者の母でね、学期末になると、深夜まで通知表をつけているんだけど、翌朝は子どもたちの弁当をしっかりつくってくれる。そんな母の姿を見ていれば『面倒をかけちゃいけない』とか『ものを欲しがっちゃいけない』と子ども心に思うようになるわけです」

 大学卒業後は、安定を求めてサラリーマンになろうと決意。1971年、某総合電気メーカーの傘下であるレジ(レジスター)を扱う企業へ入り、スーパーなどに売る営業職に就いた。

 ところが、はじめの半年は全く売れなかった。嫌気が差し、辞めようと思ったが、その前に「できる営業マンに同行」してみようと考えた。森下は社内でも優秀な営業マンに頼み込み、“カバン持ち”として弟子入りした。

「私は田舎の育ちだから“商売人の根性”がないんだね。お客さんから『いらない』と言われたら『そうですか』と言って引き下がるわけ。でも、できる営業マンは違う。とにかく粘るし、へこたれない。それに、相手を知る努力も惜しまないんだね」

 努力の甲斐あって、同期の中で最下位の成績だった森下は、2年目に化けた。格段に性能の良い新商品が導入され、その営業に成功したのだ。

「真面目な性格だから、値段が高いのでちゃんと回っているだけで、成績は7位になりました」

 突然売れ出した森下は昇格し、2人の部下を任された。俄然やる気の出た森下は部下を集めては勉強会を開き、教えることで逆にそれが自身の知識になって、さらに売り上げが伸びていく。部下も増えてついに森下は全国1位になってしまう。

「当時は粗利が指標だったんだ。だから、何を売っても利益を上げりゃいい」

 いったん走り出したら止まらない森下は、自社商品以外も開拓し、会社に許可を取らず、独断でメーカーから直接レジに使うロール紙を安く仕入れ、売りまくった。商品はレジの関連製品にとどまらず、ショーケースや業務用のマシンまで扱った。当然、上司は怒ったが、社長など一部の人間は、森下の仕事ぶりを評価した。

 やがて、森下の営業先はスーパーにとどまらなくなった。スキー場にリフトを売る、バッティングセンターをつくるなど、もはや「ついで」ではない次元に突入していた。

 しかし、森下は莫大な利益を生み出したが、莫大な赤字も生んでしまった。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

森下 篤史(もりした あつし)
1947年、静岡県生まれ。1971年静岡大学教育学部卒業後、東京電機(現・東芝テック)静岡支店に入社。1983年KyoDo設立後、1997年にテンポスバスターズを設立。2008年、ステーキレストランチェーン「あさくま」代表取締役社長に就任。2009年より、業務用厨房機器通販サイト運営のテンポスドットコムの代表取締役に就任。2016年株式会社テンポスバスターズ会長、2017年11月ホールディングス化に伴い、テンポスホールディング代表取締役社長に就任。

株式会社テンポスバスターズについて
■ 事業内容【連結事業】物販52、情報・サービス14、飲食34(2017年4月時点)
■ 設立年月1997年3月31日
■ 本社所在地東京都大田区東蒲田2-30-17
■ 従業員数2,247名(連結、パートアルバイト含む)
■ ホームページ

http://www.tenpos.co.jp/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter