1957年韓 昌祐(現 代表取締役会長)が京都府峰山町に開業した名曲喫茶るーちぇと共に創業した株式会社マルハンは、翌年同峰山町にパチンコ店をオープン。1967年にボウリング場をオープンすると、1972年には個人経営から会社組織に変更し、パチンコ店やボウリング場、ショッピングセンター、ローラースケート場などさまざまな施設をオープンしていった。

 1992年には、業界の常識を打ち破るサービスマナーモデル店「マルハン草薙アピア店」をオープンし、業界に大きな変革を与える。その後も順調に店舗数を増やし、2002年にはパチンコ店100店を達成し、2005年には売上1兆円を達成した。さらに2014年にはパチンコ店300店を達成。現在に至るまでパチンコ業界のリーディングカンパニーとして大きな存在感を放っている。

 一方で、ボウリングやアーケードゲームなど子どもも一緒に楽しめるアミューズメント施設も幅広く展開しており、総合アミューズメント企業として、地域社会に必要とされるコミュニティセンターの役割を果たせる店舗づくりも目指す他、グループ会社として名門ゴルフコースを運営する太平洋クラブのほか、マルハンダイニング(飲食業)や、MMインターナショナル(ビルメンテナンス業)、マルハンジャパン銀行(銀行業:カンボジア、ラオス)などを営み、世界レベルのエンターテイメント企業を目指している。

 そんな同社を率いるのが、2008年6月に代表取締役社長に就任した韓裕(はん ゆう)だ。

 

肘の怪我、友人との熾烈な争いの末に掴んだ甲子園出場

 韓は1963年4月、京都府峰山町(現、京丹後市)で生まれた。幼い頃から活発で、プロ野球が好きだったこともあり、中学生のときには野球部と少年野球を掛け持ちで練習をこなした。野球への情熱はその後も冷めることなく、夢は甲子園出場へと向かった。

 そのまま中学の仲間と一緒に地元の高校に入る道もあったが、悩んだ末、より高いレベルに挑戦するために、当時の強豪校である京都商業学校(現在の京都学園高等学校)のセレクションを受け、見事に合格した。しかし、京都商業は京都市内にあり、日本海側の峰山町からは片道3時間ほどかかるため、下宿をしなければならない。親元を離れて野球に打ち込む厳しい日々が始まった。

「京都商業は名投手・沢村栄治選手の出身校で、甲子園に毎年にように出場している名門でした。当時、甲子園に憧れている人はみんな京都商業に行ったので、私が入った年も新入部員が180人と多く、2年生と3年生を合わせると総勢300人ほどのマンモス野球部でした。私のポジションだったピッチャーも同学年だけで20人くらいはいましたね」

 ライバルが多かったものの、親元を離れて下宿していた韓に対しては、野球部の監督も大きな期待を寄せていた。その期待に応えるべく必死で練習をした韓は、途中で肘を故障してしまうものの、そのアクシデントにめげず、バッターとして努力を重ねた。その結果、3年生のときに見事に甲子園に出場。ポジションはレフトで、打順は5番と、レギュラーでクリーンアップを任された。

 しかし、そこに至るまでの部内の競争は熾烈を極めた。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

韓 裕(ハン ユウ)
1963年4月生まれ。1988年4月に株式会社地産に入社し、ゴルフ場の運営に関わる。1990年2月に株式会社マルハンに入社。1992年に取締役静岡営業本部長に就任し、サービスマナーモデル店「マルハン草薙アピア店」のオープンに携わる。2001年10月に取締役営業統括本部長に就任。2005年4月には常務取締役営業本部長に就任する。2006年4月に代表取締役副社長に就任。2008年6月、代表取締役社長に就任、現在に至る

株式会社マルハンについて
■ 事業内容パチンコやボウリング、ゴルフ練習場、アミューズメント、映画館などの遊技場や、レジャーに関する業務の経営。グループ会社としてゴルフ場、ホテル、ゴルフアカデミーを運営する太平洋クラブ、飲食業を運営するマルハンダイニング、ビルメンテナンス業を運営するMMインターナショナル、カンボジア・ラオスで銀行業を運営するマルハンジャパン銀行などを擁する
■ 設立年月1972年12月
■ 本社所在地京都本社 京都市上京区出町今出川上る青龍町231、 東京本社 東京都千代田区丸の内1丁目11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内28階
■ 資本金100億円
■ 業種レジャー・アミューズメント事業
■ ホームページ

http://www.maruhan.co.jp/

関連キーワード

リーダーに聞く バックナンバー

合わせて読む