2015.11.03 Tue

トレンダーズ社長が従業員に「頑張るな」と言う理由

トレンダーズ株式会社 代表取締役社長 岡本 伊久男 氏

 2000年に設立されたトレンダーズは、企業のコミュニケーション活動の支援を主な業務とする企業だ。具体的には、ソーシャルメディア・マスメディアなどを絡めた企業のマーケティングや、自社メディアの開発・運営を行っており、さらには企業の動画マーケティングの支援、スマートフォンアプリの開発、企業のスマートフォンマーケティングの支援など、幅広く手がけている。

 最近では、次世代型エンジニアを育成するインキュベーションラボ「Between Life n Tech」を表参道に設立したのを皮切りに、日本の美しい“風景”と“文化”を発信するWebサイト「ZEKKEI Japan」を開始、人々のアニバーサリーを手伝うギフトマッチングサービス「Anny」を始動、そしてゲーム実況動画プラットフォーム「プレイム」を始動するなど、新事業を次々と打ち出している。

 マーケティング力を武器に時代を先読みした新しい事業を常に生み出し続ける同社を率いるのが、社長の岡本伊久男だ。

 

世界一人旅がマーケティング人生の扉を開く

 和歌山県に生まれた岡本の子供時代は、暇さえあれば川に行って釣りをするようなアウトドア派だった。その一方で読書が好きで、図書館に行って名作本を読み漁るような一面もあった。大阪の高校に通った後、筑波大学に入学し初めて関東に引っ越す。歴史が好きなことから大学では世界史を専攻した。

「卒業論文のテーマはアレキサンダー大王でした。バルカン半島の小さな国の王様が、当時神様が住む場所とされていた小アジア(トルコ周辺)よりずっと遠い東の果てまで遠征するという生涯にロマンを感じました」

 そんな古代への情熱に突き動かされた学生時代、バックパック1つ背負い世界中を放浪する一人旅に出る。しかし、就職活動に失敗し、おまけに留年もしてしまった。

 ただし、この旅は岡本の人生観を大きく変えることになる。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

岡本 伊久男(オカモト イクオ)
1993年筑波大学第一学群人文学卒業、1997年英ストラックライド大学インターナショナルマーケティング修士課程修了。株式会社シー・アイ・エーを経て、2000年株式会社マクロミルに入社。2003年同社取締役CFOに就任し、2004年に東証マザーズに、2005年に東証一部へ上場。2011年トレンダーズ株式会社監査役から取締役へ就任し、2012年東証マザーズへ上場。2014年5月よりトレンダーズ株式会社代表取締役社長に就任。

トレンダーズ株式会社について
■ 事業内容マーケティングPR事業、メディア事業、動画事業、スマートフォン関連事業
■ 設立年月2000年4月
■ 本社所在地東京都渋谷区東3-9-19 ポーラ恵比寿ビル2F・3F
■ 資本金5億4,464万円(2015年6月30日現在)
■ 従業員数88名(2015年6月30日現在)
■ ホームページ

http://www.trenders.co.jp

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter