Bizコンパス

リーダーに聞く
2013.09.03

「国産食材」への取り組みが示す覚悟と理念

株式会社リンガーハット 代表取締役会長兼社長 米濱 和英 氏

株式会社リンガーハット、代表取締役会長兼社長、米濱 和英

「ちゃんぽん」の力を目の当たりにして作った1号店

 長崎の郷土料理として親しまれてきた「ちゃんぽん」が、この40年ほどの間に全国どこでも、気軽に食べられるメニューになったのには、「長崎ちゃんぽん」を看板に掲げる「リンガーハット」が果たした功績が大きい。

 現在、日本全国のほか、タイ、台湾、米国、ハワイと、国内・海外合わせて500を超える店舗を展開する「リンガーハット」。チェーンの第1号にあたる店舗が長崎市宿町にオープンしたのは1974年だった。店舗の形態は「ロードサイド型」、すなわち、町の主要道路に面し、広い駐車場を備えたファミリー向きの店舗だった。

「当時は、家庭に自動車が普及するなど、日本人の生活が大きく変わりつつありました。そこで、週末には家族で車に乗って『外食』に出かけるという、新しいライフスタイルを提案できるような店舗を作ったんです」

 そう語るのは、創業者の1人であり、現在はリンガーハットで代表取締役会長兼社長を務める米濱和英だ。

 米濱は、終戦後に祖父母のいる鳥取県へと引き揚げ、高校卒業までを鳥取で過ごす。その後、長兄が居を構えていた長崎へと移り住む。米濱が18歳のとき、兄弟とともに「とんかつ浜勝」を創業。以来、長崎市内を中心に、飲食関連の事業を幅広く手がけ、規模を拡大していった。米濱は、社長である兄に会社の経営を任せつつ、自分は専務として、消費者が求める新たな事業の企画を次々と考案し、現場の指揮をとった。

 事業として「ちゃんぽん」を手がけようと考えたきっかけのひとつは、ある店舗の「閉店」だったという。

「あるとき、長崎の繁華街の中に、全国でも有名なラーメン店のチェーン店舗ができたんです。最初のうちは大変な盛況だったのですが、なんと1カ月もしないうちに閉店してしまいました。そのとき思ったのは、長崎の人たちにとって『ちゃんぽん』という食べ物が持っている影響力は本当にすごいのだなということでした。長崎で店をやるなら、ラーメンではなく、ちゃんぽんだと」

株式会社リンガーハット、代表取締役会長兼社長、米濱 和英 こうして後の「リンガーハット」となる「長崎ちゃんめん」が営業をスタートする。創業当時、あえて「ちゃんぽん」ではなく「ちゃんめん」を謳ったのは、本来、調理の工程が複雑な「ちゃんぽん」を、チェーン店舗で大規模に提供するにあたって、消費者からの評価が「少しだけ怖かったから」だと米濱は言う。しかし、この試みは成功する。ロードサイド型の店舗による消費者への「新たな外食スタイル」の提案も受け入れられ、次々と店舗を増やしていった。

 順調に事業を展開していた同社と米濱に、大きな転機が訪れたのは、「長崎ちゃんめん」1号店のオープンから2年後の1976年のことだ。

 創業以来、社長として経営を取り仕切っていた兄に、突如「余命3カ月」の宣告が下されてしまう。米濱が後任として社長を務めることになるが、それまで経営のすべてを社長である兄に任せていたこともあり、不安は大きかった。特に資金面でそうだった。

株式会社リンガーハット、代表取締役会長兼社長、米濱 和英「現場のオペレーションはすべてわかっていたのですが、資金に関しては、どうやってお金を借りればいいのかさえ分からないといった状態でした。そういう不安が、社員にも伝わったのかもしれません。社員が、次々と自分の持株を売ってしまうなど、社内全体にも、会社の先行きに対する懸念が広がっているのがわかりました」

 そうした中、最大の融資元である十八銀行に状況の説明をしにいった米濱は、思いも寄らない対応を受けることになる。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

米濱 和英(ヨネハマ カズヒデ)
1943年生まれ。鳥取県出身。鳥取県立鳥取西高等学校を卒業後、1962年に長崎市鍛冶屋町において兄弟とともに「とんかつ浜勝」を創業。1964年に株式会社「浜かつ」を設立。1974年に「長崎ちゃんめん」の1号店を長崎市宿町に開店。1976年、創業以来社長を務めていた兄の後任として代表取締役社長に就任する。1982年には商号を現在の「リンガーハット」に変更。2005年に会長に就任し、2008年9月には社長に復帰。

株式会社リンガーハットについて
■ 事業内容 長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」、とんかつ専門店「浜勝」のチェーン経営
■ 設立年月 1964年3月
■ 本社所在地 東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビル14F
■ 資本金 50億6,600万円
■ 従業員数 正社員520名、パート・アルバイト4,487名
■ 業種 小売業
■ ホームページ

http://www.ringerhut.co.jp/

SHARE

あなたへのおすすめ

551蓬莱に見る、売れるECサイトの絶対条件とは

2017.03.10

ネット広告不要!売り上げが伸びるECサイトを構築

551蓬莱に見る、売れるECサイトの絶対条件とは