Bizコンパス

リーダーに聞く
2013.07.02

住宅業界の常識を打破し、高品質・低価格を実現

タマホーム株式会社 代表取締役会長 兼 社長 玉木康裕 氏

タマホーム株式会社、代表取締役会長 兼 社長、玉木康裕

 日本の住宅価格への疑問が創業のきっかけに

 木造住宅の注文建築を生業に、1998年の設立以来急成長を続けてきたタマホーム。業界内では“他の大手メーカーの標準価格の半額”とも言われる低コストと、他のハウスメーカーが輸入木材を多用するなか、徹底的に国産木材にこだわった品質の高さが相まって、幅広い年齢層の顧客から支持を受けている。現在では日本全国220店舗を展開し、今年3月には念願の東証一部上場も果たした。

 玉木がタマホームを創業するきっかけのひとつとなったのが、訪米して感じたアメリカの住宅の安さだった。アメリカでは、グレードの高い家でも坪単価30万円程度で建てられるのに対し、日本では同じような家を建てるとすると約2倍の金額がかかってしまうのである。

タマホーム株式会社、代表取締役会長 兼 社長、玉木康裕 玉木は語る。「日本の自動車やテレビなどはあれだけ安くていいものばかりなのに、なぜ家だけがこんなにも高いのかという疑問が沸き起こりました。高価さ故に、家を建てるという事が手の届かない出来事になってしまっているようではいけません。ならば私が、低価格で良質な住宅を提供できる、グローバルで戦っていける住宅企業を作らなければならないと思い立ったわけです」

 

直接施工管理でコスト削減と工期短縮を実現

 こうした玉木の強い意志のもとで誕生したタマホームだが、同社のモットーである「よりよいものをより安く」を、言葉だけではなく現実に行なうとなれば、当然ながらそう簡単ではない。そこで、高品質の家を適正価格で提供するために、玉木は、日本の住宅業界に長年根付いていた数々の“常識”を打破していくのである。

 まず、従来の住宅業界で一般的に行なわれてきた、各施工業者が算出したコストを足し合わせて価格を決定する「積上げ方式」を廃止した。ほとんどのハウスメーカーの場合、メーカーと数々の工程の施工業者との間には施工管理会社が入って工程などを取り仕切るが、タマホームでは施工を直接管理することで、適正なコストと工期の短縮を実現したのだ。

 通常、一棟の木造住宅が完成するまでには4~6ヶ月ほどの期間を要するが、タマホームではこれをわずか2~3ヶ月で成し遂げるようにした。これにより職人の手間賃を抑えることができるのである。一見、こうしたコストダウンは大工をはじめ職人たちにしわ寄せが来てしまうように思えるが、実はむしろ職人にとっても収益増につながっている。たとえば、一組の大工が年間に建てることができる家は3棟程度と言われているが、タマホームの工事を請け負う大工はその数倍の家を建てることができるのである。

「既存のシステムにとらわれない、企業努力を惜しまないという信念のもと、材料費、労務費、運搬費などのコストの見直しを繰り返して徹底的にムダを省く工夫を重ねた結果、スピードアップとコストダウンを両立させることができました。労務費について言えば、職人の育成には膨大な手間がかかりますが、腕のある職人は既に日本中に存在しています。要は、システムさえ変えてしまえば良かったのです」

 直接施工管理を実施するにあたり、玉木は職人の意識改革も熱心に行なっている。全国の支店で職人への教育を実施しており、施工主(顧客)に対しては「ありがとうございます」「いらっしゃいませ」と挨拶するよう徹底、社員のそれにも劣らないサービスを提供できるよう心がけているのである。“施工主が職人をおもてなしする”といった旧来の日本の住宅建築文化とは真逆の発想で、職人が顧客からお茶や食事の提供を受ける事も禁止している。

タマホーム株式会社、代表取締役会長 兼 社長、玉木康裕「当社の現場に一歩でも入る人には、親方であろうと誰であろうとうちのやりかたに従ってもらいます。日本では今でも、お客さまが職人にお茶どころかお寿司まで出すような風習が残っています。また、『家を建てたいけれど、共稼ぎのため職人さんの相手ができず諦めた』などという声も聞いたりします。たとえ相手が職人であっても、お客さまはお客さまなのですから、これではおかしいですよね。だからこそ、自分が社長になって職人たちの意識改革を行なわなければと思ったのです」… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

玉木 康裕(タマキ ヤスヒロ)
1950年福岡県生まれ。福岡大学商学部を卒業後、家業の建設会社「筑後興産」へ入社。
1998年に分離独立し、タマホーム(株)を設立、代表取締役就任。高品質低価格の戸建住宅販売により、全国に営業拠点を拡大。2005年東京に本社を移転。2008年シンガポールに子会社を設立し、アジア圏を中心に海外へも事業展開。2011年代表取締役会長兼社長就任。

タマホーム株式会社について
■ 事業内容 建築、設計、不動産業、保険代理店業
■ 設立年月 1998年6月3日
■ 本社所在地 東京都港区高輪3丁目22番9号 タマホーム本社ビル
■ 資本金 43億1,014万円(2013年5月10日 現在)
■ 従業員数 2,784名 (2012年6月1日 現在)
■ 業種 建設業
■ ホームページ

http://www.tamahome.jp/

閲覧ランキング

デザイン思考でネット証券を変革する異端の経営者

1

デザイン思考でネット証券を変革する異端の経営者

カブドットコム証券株式会社

宇宙ベンチャーが「画像」ビジネスを始めた理由とは

3

宇宙ベンチャーが「画像」ビジネスを始めた理由とは

株式会社アクセルスペース

富士そば創業者・丹道夫が従業員を大事にする理由とは

4

富士そば創業者・丹道夫が従業員を大事にする理由とは

ダイタンホールディングス株式会社(名代 富士そば)

SHARE

関連記事

なぜVAIOはMVNO参入を決断したのか?

2016.05.27

常時接続ノートPC誕生の背景

なぜVAIOはMVNO参入を決断したのか?

閲覧ランキング

デザイン思考でネット証券を変革する異端の経営者

1

デザイン思考でネット証券を変革する異端の経営者

カブドットコム証券株式会社

宇宙ベンチャーが「画像」ビジネスを始めた理由とは

3

宇宙ベンチャーが「画像」ビジネスを始めた理由とは

株式会社アクセルスペース

富士そば創業者・丹道夫が従業員を大事にする理由とは

4

富士そば創業者・丹道夫が従業員を大事にする理由とは

ダイタンホールディングス株式会社(名代 富士そば)