2013.04.17 Wed

SNSでワークスタイルを変える ガイアックス社の挑戦

株式会社ガイアックス 代表執行役社長 上田 祐司 氏

株式会社ガイアックス 代表執行役社長 上田 祐司氏

 見込み客を確実に増やすSNSの活用法

 2012年のインターネットを振り返ると、その中心的存在は SNS だったといっても過言ではないだろう。2013年に入ってもSNSを活用した新規ビジネスは増大する一方である。コミュニケーションの方法そのものに大きな影響を与えたSNSは、ビジネスの在り方も大きく変え、その注目度は増すばかりである。特に、近年ではSNSを営業活動に取り入れようとする企業も多い。しかし実際には、「SNSに専任の担当者をつけても、売上に直結しない」との声も聞かれる。
 また、自社サイトのコンテンツの拡充や、ブログによる情報発信によって、見込み客数を増やそうと試みる企業も多いが、十分なリターンを得られる企業はごく一部にとどまっている。

株式会社ガイアックス 代表執行役社長 上田 祐司氏 このような悩みを持つ企業の「かけ込み寺」ともいえる存在がガイアックス社だ。インバウンドマーケティング支援を最大の強みに、商品やサービスへの問い合わせ数を約3倍(平均値)にする手腕が高く評価され、現在では支援実績数が500件を超える。(2013年4月現在)
 インバウンドマーケティング支援のリーディングカンパニー的な存在といえるガイアックスを率いてきた、代表執行役社長・上田祐司は、「見込み客を確実に増やすSNSの活用法」について次のように解説する。

 「SNSに限らず、近年のインターネットの世界では、『いかにユニークなコンテンツを発信するか』が成否の鍵を握っています。日本中、世界中の商品やサービスを手軽に比較できてしまうのですから、商品やサービスが同質であれば、最も価格が安い企業が勝つのがインターネットの世界ですが、大半の企業は業界最安値を実現できません。ではどうすればよいのか。大事なのは、価格以外で引き合いをとる要素、『ユニークさ』です。ユニークというのは、ほかにない独特な魅力を持つサービスや商品ということです」

 この「ユニークさ」は、単に情報発信のコンテンツにとどまらない。サービスそのものがユニークであるほどインターネット上では有利になる、と上田はいう。

 「たとえば、現在のサービスのラインナップが10個あったとしたら、最もユニークなものにリソースを集中させて営業活動を展開するのが効率的です。とくにインターネット上での営業活動はユニークなものにフォーカスした方がいいでしょう。このユニークさという前提がないのに、SNSや自社WEBサイトの情報発信にいくら力を注いでも効果は得られません」

 

SNSを活用した営業活動へのシフトチェンジが大事

 インターネットを活用した営業活動が機能しないもう一つの理由は、「情報発信の頻度や量そのものが絶対的に少ないため」と上田は指摘する。

 「中小・中堅企業の場合、営業マンがSNSやブログを使った社外への情報発信の役割を担うことが多くあります。では、どれくらいの頻度で情報発信がされているのかといえば、ほとんどの場合、月に数回、週に数回といったレベルにとどまっているでしょう。これに対して、リアルの営業活動においては、訪問、電話あるいはメールなど各お客様に対して膨大な時間を割いているのではないでしょうか。この時間配分を逆転させてみてください。逆転とまでいわないまでも、リアルな営業活動とSNSの業務を半々の割合にすれば目に見えて効果が出るはずです」

 また、時間は掛けているものの、見込み客が求めている情報が提供できていないため、ネットを利用した営業活動が機能していないケースも目立つと補足する。

株式会社ガイアックス 代表執行役社長 上田 祐司氏 「サービスや商品の説明を書いたパンフレットの内容をほぼそのまま、自社のWebサイトに貼りつけ、引き合いをとろうとしている企業も多く見られますが、それでは効果を出すのは難しいでしょう。これを現実のシチュエーションに置き換えれば、電気屋の前を歩いている人に、いきなり電化製品の取扱説明書のコピーを配ってセールスプロモーションをするようなものです。見込み客が知りたいのは、もう一歩、二歩手前の段階の情報なんです。世の中にどんな電化製品が存在するのか、それぞれの電化製品にどんな特性があるかをまずは知りたいわけです」… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

上田 祐司(ウエダ ユウジ)
1974年、大阪府茨木市生まれ。同志社大学・経済学部卒業後、独立支援業務に特化したコンサルタント会社に入社。1999年、オンラインコミュニティの企画・開発・運営を手がけるガイアックスを創業。2005年、同社の名古屋証券取引所セントレックス上場を果たす。

株式会社ガイアックスについて
■ 事業内容ソーシャルメディア構築・運営・監視およびソーシャルアプリサポート
■ 設立年月1999年3月5日
■ 本社所在地東京都品川区西五反田1-21-8 KSS五反田ビル8F
■ 資本金1億円(2013年3月現在)
■ 従業員数163名(2013年3月現在)
■ 業種インターネットサービス
■ ホームページ

http://www.gaiax.co.jp/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter