2013.02.13 Wed

ユーザー目線でニーズを捉えた医薬品メーカーの軌跡

株式会社龍角散 代表取締役社長 藤井 隆太 氏

株式会社龍角散 代表取締役社長 藤井 隆太氏

 借金40億円の家業を決死の覚悟で継承

 「ゴホン!といえば龍角散」でおなじみの老舗医薬品メーカー、龍角散。もともとは、江戸時代、秋田・佐竹藩の藩薬として用いられたのど薬がその原点だ。200年という伝統を守りながら、環境やニーズの変化に対応して進化を続けてきた同社だが、常に順風満帆だったわけではない。1995年、倒産寸前の同社を救ったのが、現8代目社長、藤井隆太その人だ。

 藤井は、音楽の名門桐朋学園に進学し、在学中からオーケストラの舞台で活躍。大学卒業後は1年間のフランス留学を経て日本に帰国した。もともとビジネスに興味はあったが、父親の会社でお客様扱いされたのでは何の経験にもならないと、遠い親戚にあたる大手製薬メーカーへの入社を決めた。

 「新入社員として研修も受け、1年間は薬局回りの営業も経験しました。その後マーケティング担当になり、各種製品の開発に携わりました。それまで音楽の世界しか知りませんでしたから、非常に勉強になりました」

株式会社龍角散 代表取締役社長 藤井 隆太氏 2年間勤務したのち、三菱化成工業(現・三菱化学)で勤務。本意ではもう少し経験を積むつもりだったが、突然父親から「会社に戻ってきてくれ」との申し出があり、1994年に龍角散に入社した。

 「まずは、会社の実態を知りたかったので1年くらいかけて製造工場や営業現場を回りました。製薬の専門的な知識はありませんでしたが、工場では粉だらけになりながら一緒に作業しました。しかし、それだけでは見えないことが1つだけあったんです」

 父親から見せられた財務諸表。そこにあったのは、40億円という負債。藤井は父親を怒鳴りつけ、「なぜなんだ?」と詰め寄った。この事実は一部の幹部社員にしか知らされておらず、一般社員はほとんど危機感もない状態だったという。

 「これはえらいことになったと思いました。私も経営を専門的に学んだ経験はありませんでしたが、それでも状況が最悪であることは容易に理解できました。私が最後の社長になると思って、その時腹をくくりました」

 頭が真っ白になりながらも藤井は、「会社を閉めるにしても、閉め方がある」と決心。社長になる1カ月前の経営幹部会議では、大規模なリストラ計画に待ったをかけた。当時、リストラ候補として挙げられていたのは、現在、社の中核メンバーとして活躍している人材である。本当にこのリストラを行っていいのか、この会社には、まだできることがあるはずだ……。「私には再建のプランがある」と押し切り、会社の舵取りを一手に引き継いだ。36歳、荒波の中での船出であった。

 

薬の飲み方の常識を覆した、画期的商品

 社長就任当時、のどの専門メーカーとして何ができるかと、市場調査を重ねるうちに辿り着いたのが嚥下(えんげ)補助ゼリーだった。しかし、業界でも未開拓のカテゴリー。売れるかどうかもわからない製品は開発会議で却下されるも、試作品を作って訪れた介護施設で藤井は、この製品の必要性を感じたという。

 「人は要介護状態になると、食事もとろみをつけないとうまく食べられません。この状態では薬も満足に服用できないので、介護施設では薬を食事に混ぜて服用させていました。薬が飲みにくいなら、飲みやすくする手助けをしたい。その思いから1998年に嚥下補助ゼリーは生まれました」

おくすり飲めたね 介護用からスタートした嚥下補助ゼリーも、小児科医などからのニーズを受けて改良。新たに子ども用として、2001年に「おくすり飲めたね」を発売し、好評を博した。

 「子ども用の薬に付いている味とマッチするような味とし、粉薬の多い処方薬に合わせてゼリーの強度を変えたりしました。子どもが薬をなかなか飲んでくれないと悩む若いお母さんたちからは、育児ノイローゼが治ったと、お礼状をいただくこともありました」

 結果、こうした事業成功の甲斐あって、40億円あった借金も完済。社員にも革新的な発想が芽生え、自信がついてきたという。

 

儲けよりユーザー志向の商品開発を優先

 長期的な視点に立って事業展開ができるのは、オーナー経営の強み。一方で、老舗企業の経営は一から会社を興すよりずっと大変だと、藤井は身を持って感じている。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

藤井 隆太(フジイ リュウタ)
1959年東京都生まれ。1984年桐朋学園大学音楽学部研究科修了後、大手製薬メーカーに入社。その後三菱化成工業(現・三菱化学)を経て、1994年龍角散入社、翌年には代表取締役社長に就任。嚥下補助ゼリー「おくすり飲めたね」のヒット、基幹商品「龍角散」の海外進出などで累積赤字を一掃。プライベートではフルート奏者としても活躍し、週末には後進の指導にあたる。薬事功労者都知事表彰ほか表彰も多数。

株式会社龍角散について
■ 事業内容OTC医薬品、食品、家庭用品の製造・販売
■ 設立年月昭和3年7月(創業は明治4年)
■ 本社所在地東京都千代田区東神田2-5-12 龍角散本社ビル
■ 資本金6,000万円
■ 従業員数100名
■ 業種医薬品業
■ ホームページ

http://www.ryukakusan.co.jp/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter